脱毛エンジェル > はじめてのVIO脱毛 > Iライン脱毛はどこまで処理できる?彼氏の反応は?悩みを全て解決しよう

Iライン脱毛はどこまで処理できる?彼氏の反応は?悩みを全て解決しよう

脱毛について悩んでいる女性

アンダーヘアを脱毛する女性が増えてきています。その中でもIライン(性器の両側部分)のムダ毛処理に興味がある方は多いようですね。

彼氏や旦那さんにしかあまり見られない部分ですが、パートナーのためというよりは自分が快適に過ごすためにIラインを脱毛するという方が多いのも特徴。

Iラインはどこまで処理できるのか、どこまで処理したら後悔しないのか、脱毛サロンでIラインを見られることに対しての不安など、さまざまな情報をお届けしていきます。

Iラインはどこまで処理できる?粘膜近くは?

アンダーヘアを脱毛することは、VIO脱毛といわれます。

  • Vライン:ビキニラインで前から見える部分のこと
  • Iライン:女性器の両側、粘膜ギリギリまでのこと
  • Oライン:お尻の部分のこと

VIOの中で「Iライン」というのは、大陰唇・小陰唇および、その周囲からお尻までのことをいいます。図に示した時にIの形をしているのでIラインと呼ばれます。

Iラインを脱毛することで見た目がスッキリキレイになることや、生理の時に蒸れず快適に過ごせることなどから、この部分を脱毛したい女性が多いようです。

粘膜まで処理できるのは、サロンではなくクリニック

医療クリニックの受付のお姉さん

Iラインをどの範囲まで脱毛できるかは、脱毛サロンやクリニックごとに違います。

基本的には医療クリニックの方が範囲が広く、Iラインの粘膜(小陰唇)の毛まで脱毛可能です。脱毛サロンは医療機関ではないため、粘膜部分まで脱毛できません。

陰核(いわゆるクリトリス)部分も医療クリニックでは脱毛可能なので、徹底的にキレイにしたいという方には、クリニックでの脱毛がおすすめです。

ただし医療クリニックでのレーザー脱毛は、サロン脱毛よりも痛みが強く出ることが多くあります。さらにIラインは全身のどの部位よりも痛みを感じやすいので、医療レーザーでIラインを脱毛する場合は、麻酔の併用をあらかじめ検討しておいた方が無難です。

麻酔料金は一般的に1回2,000~3,000円かかることが多いようです。

痛みを抑えてIラインしたい方はサロン脱毛がおすすめ

サロンでIライン脱毛する場合、医療脱毛と違って粘膜部分までは脱毛できませんが、周りのIラインをキレイに整えることができ、痛みや炎症もクリニックほど起こりません。

脱毛方法によっては美肌効果のあるサロンもあるので、いつもは自宅でIラインを整えていたけど肌トラブルを考えて脱毛に踏み切りたいという方にはピッタリですね。

クリニックより照射威力が低いため、回数や時間は少し多めにかかりますが、その分痛みも少なく抑えられます。痛みが不安な方はまずはサロンの体験でIライン脱毛を経験してみても良いかもしれません。

また、Iラインをパイパンのようにツルツルにせず、少し毛量を減らせれば良いという方にも、サロン脱毛が合っています。

Iライン脱毛に対する彼氏の本音

脱毛に賛成する彼氏(男性)
自分ではIラインを脱毛してしまいたいけど、彼氏や旦那さんなどパートナーとなる男性に引かれたらどうしよう…と不安になる方もいるかもしれません。脱毛に関する男性の意見は、実際どうなのでしょうか?

さまざまなネットの情報を集約してみると、男性はVIOの処理をしている女性に好感を持つ割合が高いという結果が見えてきます。マイナビウーマンの記事でも「VIOの毛が少ないと正直うれしい」というコメントが掲載されていました。

どうやら男性は、アンダーヘアのお手入れをせずにそのままボーボーに生やしている女性よりも、自分のために何らかの処理をしてくれた方が嬉しいと感じるようです。

この結果から見えてくることは、Iラインも濃い場合は処理した方が男性に喜ばれる可能性が高いこと。ツルツルにするかどうかは、思い切ってパートナーに相談して一緒に決めると良いかもしれませんね。

体感ですが、案外ツルツルの方が良いという男性の方が多く感じます。しかしまれに毛があった方が清楚っぽくて良いという価値観の男性もいるようです。

Iライン脱毛を受けるのが恥ずかしい?

自己処理が減ると肌トラブルの危険性も軽減され、生理時も書いてきて、男性も喜んでくれる、そんなメリットばかりのIライン脱毛ですが、「他人に脱毛してもらうのが恥ずかしい」「アソコを第三者に見られるなんて」と思う女性もいるようです。

中には、「施術中に感じたり濡れたりしたらどうしよう」と不安になる方もいるようですが、みんな同じように感じる一般的な悩みなので心配なさらないでください。

実際に脱毛サロンで働くスタッフに聞くと、Iラインの施術中に濡れてしまうお客さんも確かにいるようです。しかしそれはデリケートゾーンに触れられたり、普段見られない場所を第三者に見られる恥ずかしさからくる反射的な反応にすぎません

普段は他人に簡単に見せることない部分ですから、「恥ずかしい」と感じるのは仕方のないことです。しかし、恥ずかしがることは全くありません。

脱毛サロンも医療クリニックでは一日に何人もの脱毛が行われており、それを何年も続けているスタッフや医師の方ばかりなので、いろんなお客さんのアンダーヘアを毎日目にしています。ですので、お客さんの局部の様子に注目することはありません。

それでも脱毛時に濡れたらどうしようと不安な方は、もし濡れたとしても気づきにくいサロンやクリニックを選ぶのも手です。具体的には、専用の光を照射する前にジェルを塗る方式のサロン・クリニックならば、濡れていてもジェルを使用しているので気づかれにくいのです。

まとめ

アンダーヘアの中でも一番悩みや不安が大きいのがIライン脱毛かもしれません。全身の中でも痛みが出やすい部分ですし、あまり普段は人に見せるような場所ではないので、不安に感じてしまうのは仕方ないことです。

サロンかクリニックかどちらで脱毛するか悩んだときは、粘膜部分までしっかりツルツルにしたいならばクリニック、そして痛みや費用を抑えたい方や毛量を減らす程度でも良い方ならばサロンが良いでしょう。

また、Iラインは彼氏や旦那さんにも見られる場所なので、もしできるならばパートナーと事前に相談して、どの程度脱毛するか決めていくのも良いですね。

見た目がキレイになるだけではなく、蒸れや匂いの原因が減り快適に過ごせるIライン脱毛。ぜひ検討してみてくださいね。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン