脱毛エンジェル > 脱毛による肌トラブルの原因と対処法 > アンダーヘアがチクチクしてかゆい時の対処法

アンダーヘアがチクチクしてかゆい時の対処法

アンダーヘアがチクチクしてかゆいときの対処法を伝える女性
水着を着る機会が増えてくるこれからの季節は、アンダーヘアを自己処理する方も増えてくるのではないでしょうか。しかし、アンダーヘアをカミソリやシェーバーで処理したあとは「チクチクしてかゆい!」と感じてしまう方が意外と多いようです。

そこで今回は、アンダーヘアがチクチクしてかゆい時の対処法について「アンダーヘアの剃り方」「かゆみの応急処置」「自己処理したあとのケア方法」などそれぞれの観点から詳しくまとめてみました。

アンダーヘアがチクチクしてかゆくて困る…、剃り方が分からない!という方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

アンダーヘアがチクチクしてしまう「3つの原因」とは?

アンダーヘアがチクチクしてかゆみを感じてしまうのは、次の3つの原因が考えられます。

  • 剃ったアンダーへアが新しく生えはじめたから
  • アンダーへアの毛先が鋭く尖っているから
  • カミソリ負けが起きたり、肌が乾燥してしまうから

アンダーヘアを剃った直後にチクチクすることは少ないですが、剃った毛が生えはじめたときにチクチクとしたかゆみを覚えることがあります。

これは、毛穴から新しく伸びてきた毛の先端が肌に触れることで、チクチクとした刺激やかゆみとなって感じてしまうからです。シェーバーやカミソリ・ハサミでカットした毛先は鋭く尖っているため、よりチクチクしやすいという難点もあるのです。

毛が伸びるまでの1週間ぐらいはチクチクとした刺激やかゆみに悩むことになり、場所が場所だけに思いきり掻くこともできないことから、アンダーヘアのかゆみに悩んでいる方は意外と多いようですね。

また、アンダーヘアを剃ったことでカミソリ負けを起したり、肌が乾燥してしまうことからかゆみを感じることもあります。

剃って尖った毛は「下着や水着」から突き出ててしまうこともあり、見た目にも良くないのですぐにでも解決しておきたいもの。

毛の断面を尖らせないでカットするなら、ヒートカッターの使用や毛を柔らかくするトリートメントもおすすめですよ。

毛先が尖ってチクチクするときの対処法!

Vライン専用のヒートカッターの使用がおすすめ
シェーバーやカミソリでアンダーヘアを剃ったりハサミで毛をカットすると、毛の先が鋭く尖ってしまい「チクチクやかゆみ」の原因になることがあります。

これらの対処法としては熱を加える「ヒートカッター」やトリートメントの使用がおすすめ

  • ヒートカッター:熱を加えて毛をカットすることでチクチク感を和らげる
  • トリートメント:毛をやわらかくすることでチクチク感を和らげる

ヒートカッターは、毛の先端を丸くすることができるので、カットした毛先が鋭角に尖ることを防ぐことが可能です。

毛をやわらかくすることでチクチク感やかゆみを抑える「トリートメント」よりも手軽ですぐにできることから、ヒートカッターはアンダーヘアを処理する方に人気のアイテムなんですよ。

ただし、熱を使ってカットするため、やけどや焦げくさいニオイなどのデメリットもありますので、使い方には注意が必要です。

生えはじめた毛がチクチクしないための剃り方を伝授!

自己処理によってアンダーヘアをチクチクさせないためには、肌に刺激を与えないよう正しい剃り方をマスターしておく必要があります。

アンダーヘアを剃るときには、次の流れで行うように心がけてみてくださいね。

  • 1:長い毛はハサミであらかじめカットしておく
  • 2:入浴や蒸しタオルで毛や肌を温めてやわらくしておく
  • 3:毛流れに沿ってシェーバーやヒートカッターで剃る

1:長い毛はハサミでカットしておく

長さのあるアンダーヘアをいきなりシェービングすると、毛が絡まってしまうこともあるので、まずは適度な長さにカットすることから始めましょう。

カットするときは、長さを揃えるためにコームなどでアンダーヘアをとかしておくとキレイにカットすることができます。

ハサミでカットする長さについては、毛先から2~3cmが目安。シェービングする場合はある程度の長さを残しておいても大丈夫ですが、長さを短くしたいときは「ヒートカッター」を使うと、毛先が丸くなりチクチクしにくくなるのでおすすめです。

2:入浴や蒸しタオルで毛や肌を温めてやわらくしておく

シェーバーやカミソリで毛根部分までしっかりと剃る場合は、入浴や蒸しタオルであらかじめ毛やお肌をやわらかくしておくとシェービングしやすくなり、毛を剃ったあとも肌トラブルが起きにくくなります。

蒸しタオルについては、水で濡らしたタオルを電子レンジで温めるだけでOK!600Wで30秒ほど加熱すれば、ホカホカの蒸しタオルがすぐに完成します。

加熱したばかりの蒸しタオルはかなり熱いこともあるので、一度両手でタオルを広げて少し冷ましてから使うようにしてみてくださいね。

3:毛流れに沿ってシェーバーやヒートカッターで剃る

アンダーヘアをチクチクしないようにシェービングするためには、毛流れに沿って電気シェーバーで剃るのが基本となります。これはアンダーヘアだけではなく、腕や脇や顔など体全体のシェービングにも共通することですね。

深剃りするために、シェーバーやカミソリを肌に押し付けるように剃るのは、肌を傷つけることがあるのでやめておきましょう。

ヒートカッターで毛をカットする場合は、少量の毛を指でつまんでカットするとキレイに仕上がります。一度にたくさんの毛をカットしようとすると毛先が丸くなりづらいので、だいたい10~15本程度の毛束をつまんで処置するのがおすすめです。

剃ったあとはアフターケア!保湿液やクリームで保湿をしよう。

シェービングしたあとは保湿ケアを徹底しよう!
前述したように、アンダーヘアを自己処理したあとに感じるチクチクやかゆみは、カミソリ負けや毛を剃ったことによる肌乾燥が原因になっていることもあります。

アンダーヘアのかゆみや肌乾燥を軽減させるためにも、自己処理したあとはアフターケアとして必ず保湿液や保湿クリームを塗るようにしましょう。

シェービング用の専用ジェルや保湿液でも良いですが、手持ちの化粧水や保湿クリームでもOKです。ニベアクリームやワセリン、オリーブオイルやホホバオイルなどのキャリーオイルなどを使っても良いですね。

使うアイテムはなるべく添加物の少ない肌にやさしいものを選んで、しっかりと肌ケアしてあげましょう。

まとめ

アンダーヘアがチクチクしてかゆい時の原因と対処法をご紹介しました。

自己処理したあとのアンダーヘアのチクチクをずっと我慢したり、下着や水着から尖った毛が飛び出てきてしまうのも辛いものですよね。

今回ご紹介したアンダーヘアの処理方法をしっかりとマスターして、アンダーヘアのチクチクやかゆみからスッキリと解放されましょう~!

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン