脱毛エンジェル > はじめての顔脱毛 > 産毛に効果がある脱毛方法は?細くて色が薄くても処理できるサロン・クリニック

産毛に効果がある脱毛方法は?細くて色が薄くても処理できるサロン・クリニック

背中のムダ毛処理バッチリの女性

脱毛したい部位は人によって異なりますが、多いのはワキの毛やVIOラインなどの目につきやすい太い毛かもしれません。しかし意外とニーズが多いのが、細かく生えている産毛(うぶ毛)です。背中や顔の産毛、指の毛などは、一度気になり始めるとかなり気になってしまうものです。

でも実は、産毛は太い毛に比べると脱毛サロンなどで脱毛しにくいと言われています。

そんな産毛を効果的に脱毛するにはどうしたら良いか、どんなクリニックやサロンを選べば良いのかを解説していきます。

産毛の脱毛効果は低いって本当?

レーザーや光脱毛は、産毛に効きにくい

脱毛サロンなどの口コミで「効果はあったけど、産毛は残ってしまった」というような書き込みを見たことはありませんか?

実はそれもそのはずで、脱毛業界では、「産毛の脱毛は難しい」「産毛の脱毛は一番時間がかかる」と言われているのです。

産毛や細い毛の処理が難しいのは、次のような理由があります。

  • 色素が薄いので、黒い色に反応してダメージを与えるマシンだと反応しにくい
  • 完全に脱毛するには、普通の毛と比べて時間がかかる
  • 硬毛化や他毛化のリスクがある

医療レーザーや光脱毛など、現在主流の脱毛方法は、黒いメラニン色素に反応する特殊な光を使い、毛根に熱を蓄積させてダメージを発生させる方法です。

この方法は、黒くて太い毛には効果的ですが、色素が薄い毛や細い毛には脱毛効果が低いというデメリットがあるのです。

産毛の脱毛には時間がかかる

従来の脱毛器は、メラニン色素が濃い太い毛の方が反応がしやすくなっており、色素が薄い産毛にはうまく反応しないことがあります。

そのため、太い毛ならば1回でうまく脱毛できるところを、産毛の場合は何度か回数を重ねて照射しなければ脱毛できないということが起きます。

肌より薄い色の産毛は、レーザーや光脱毛でツルツルにあるためには、何度も繰り返し通う必要があります

産毛にも効果的な脱毛方法はニードル脱毛

脱毛して嬉しそうな女性

毛穴に針を差し込んで脱毛していく方法

固い毛でも産毛でも色が濃くても薄くても、効果に差がない脱毛方法があります。それが、「ニードル(針・電気)脱毛」という方法です。

ニードル脱毛は、毛穴に一本ずつ針を挿入した状態で微弱な電流を流し、毛の細胞にダメージを与える方法です。

いま主流の脱毛方法は、「レーザー脱毛」や「光脱毛(フラッシュ脱毛)」なので、ニードル脱毛を初めて聞いたという方もいるかもしれません。しかし昔はこの方法が主流でした。

色素が薄い毛でも、日焼け肌でも脱毛が可能

ニードル脱毛であれば、もともとムダ毛の色素が薄いという方でも、肌の色よりも毛の色の方が明るいという方でも、問題なく脱毛できます。白髪や金髪でも脱毛できます。

また、メラニン色素の黒い色に反応する脱毛方法だと、日焼け肌はNGです。日焼けした黒い肌にも脱毛器が反応してしまい、火傷のリスクがあるからです。しかしニードル脱毛は、黒い色に反応する方法ではないので、いくら日に焼けていても、地黒の肌でも脱毛が可能です。

ニードル脱毛は、毛が生えている箇所であれば基本的にどこでも脱毛できると言われています。

ニードル脱毛は、一番効果が高いと言われている

ニードル脱毛は直接毛乳頭を破壊する脱毛方法です。毛乳頭が完全に破壊されると永久に毛が生えてこないため、アメリカ食品医薬局が唯一永久脱毛の効果がある脱毛方法と認めたと言われています。

脱毛効果が持続する期間で比較した場合も、一番効果が高い脱毛方法といえます。

デメリットは、痛みが強いことと高額になること

脱毛効果が高いことを考えると、「ニードル脱毛良いじゃん!」と思ってしまいますよね。しかしニードル脱毛にもデメリットがあります。

  • 脱毛時の痛みがとても強い
  • 1本1本処理をするので、時間がかかる
  • 値段が高い

一番のデメリットは痛みが強いことです。痛みの感じ方は人それぞれ個人差がありますが、「涙が出るほど痛い」という意見をよく聞きます。

この痛みが強いというデメリットこそが、現在では主流ではなくなった一番の原因ですね。

また、1本1本の毛穴に針を入れて処理していくので、時間がかかり、価格も高くなりがちです。

ムダ毛1本あたりの脱毛価格の相場は数百円~600円程度ですが、全身脱毛することを考えると莫大な脱毛費用がかかります。

レーザー脱毛でも産毛に向いているマシンを選ぶ

産毛にも効果がある脱毛クリニック

確実に産毛をツルツルにしたければニードル脱毛が間違いなしですが、「痛いのは無理…」という方は、レーザーの中でも産毛に向いているマシンを選択してみるのも手です。

例えば「ロングパルスヤグレーザー」や「ダイオードレーザー」は、産毛に向いているレーザーと言われています。

レーザーの種類 脱毛マシンの例
ロングパルスヤグレーザー ・ジェントルマックスプロ
・クラリティツイン
ダイオードレーザー ・ソプラノ
・ライトシェアデュエット

医療クリニックを選ぶときに、これらのマシンを使っているクリニックを探してみるのも良いでしょう。

脱毛サロンなら、回数無制限の店舗を選ぶ

ここまで説明してきたように、産毛をきれいにするためには普通の脱毛よりも回数がかかります。

脱毛サロンで産毛までキレイにしたいと思っている方は、回数が多くかかることを見越したうえで、何度通っても定額の回数無制限プランを選ぶのも良いでしょう。

例えば回数制プランしかないサロンだと、決められた回数が完了したあと、まだ産毛が残っている場合、追加で料金がかかってしまいます。

回数無制限プランならば、回数制より少し費用が上乗せされますが、18回でも24回でも何度でも通えます。サロンによりますが、一生涯ずっと通えるプランもあります。

全身脱毛の回数無制限コースがあるサロンとしては、たとえばシースリーや銀座カラーなどが人気です。

まとめ

背中や顔の産毛、指の毛など、意外と気になる産毛脱毛について説明してきました。

メラニン色素に反応するタイプの脱毛方法だと、産毛は効果を感じにくかったり、ツルツルにするまでに時間がかかったりするのが本音です。

本気で産毛を無くしたいなら、ニードル脱毛や、レーザーの中でも産毛に効果があるマシンを選択する方法があります。

時間がかかっても良いという方は、脱毛サロンの回数無制限コースを選ぶという方法もありますよ。

産毛が目立ちがちの背中がツルツルだったら、それだけで美人が作れます。あなたもぜひ背中美人を目指してみてくださいね。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン