脱毛エンジェル > はじめての顔脱毛 > 女性なのに青髭になる原因は!?対策方法を徹底解説!

女性なのに青髭になる原因は!?対策方法を徹底解説!

青髭を隠す女性

メイクでも隠しづらい顔の青髭。鼻の下やフェイスラインなど、口周りにできる青髭に悩んでいる女性は意外と多いのではないでしょうか。

そこで今回は、女性が青髭になってしまう原因とその対策について徹底的に解説いたします。顔の青髭に悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみて下さいね。

女性なのに顔に青髭ができてしまう原因は?

太くて濃い青髭。メイクでも隠しづらく、剃ってケアしても黒ずんだ毛穴が目立ってしまうので、女性にとってはとても厄介な存在ですよね。

では、女性なのになぜ太くて濃い「青髭」が生えてきてしまうのでしょうか。女性に青髭ができてしまう4つの原因について見ていきましょう。

  • 1:ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増えてしまうから
  • 2:シェービングなどの外的刺激で肌に負担がかかるから
  • 3:遺伝による影響
  • 4:多毛症など病気の影響

1:女性の「青髭」が増えるのはホルモンバランスの乱れが原因!?

ホルモンバランスの乱れが青髭の原因であることを驚く女性
ホルモンバランスの乱れは、女性の青髭が濃くなってしまう大きな要因のひとつ。

食生活や生活習慣の乱れ・ストレスなど、ホルモンバランスを乱す原因はさまざまですが、ホルモンバランスが乱れると「男性ホルモン」が過剰に分泌されてしまうことが分かっています。

女性の体の中で「男性ホルモン」が過剰分泌されてしまうと、男性のように体毛が濃くなってしまうことがあるのです。うぶ毛レベルの薄い毛が太く濃く見えてきたように感じるのは、男性ホルモンの過剰分泌が影響していると考えられます。

もともと女性の体の中にも「男性ホルモン」は存在していますが、男性に比べるとその分泌量は1/10~1/20とごくわずか。

しかし、睡眠不足や食生活の乱れによる栄養不足・ストレスなどが加わることでホルモンバランスが乱れてしまい、男性ホルモンが過剰分泌され続けてしまうと体毛がだんだんと太く濃く目立ってきてしまいます。

昔は青髭が気にならなかったのに、最近やたらと青髭が目立って悩んでいる…という方は、ホルモンバランスが乱れてしまっているせいかも。

健康的な生活習慣と食生活をこころがけ、体調を整えることが青髭解消の糸口となってくれそうです。

男性ホルモンにはムダ毛を含む体中の毛の発育を促進する働きがあり、女性ホルモンには頭髪や肌を美しくしてくれる働きがあるのですが、この男性ホルモンが活発になったり、逆に女性ホルモンが少なくなってしまうとムダ毛が濃くなってしまうことがあるのです。

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンであるテストステロンの分泌量が増えることで、毛深くなってしまうのですが、現代ではムダ毛が濃くなっている「オス化女子」が増えているとか、いないとか・・・

引用元:東京イセアクリニック「ムダ毛とホルモンの関係」

2:シェービングなどの外部刺激によって濃くなることも!

「ムダ毛は剃れば剃るほど濃くなってしまう!」というのを耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。これは、カミソリやシェーバーなどの「外部刺激」が影響していることが考えられます。

肌は、シェービングなどの外的刺激を与え続けると、その刺激から肌を守ろうと毛を太くしたり増やそうとする働きがあります。

正しい方法でお手入れしないと肌が刺激を感じてしまい、毛が濃くなるだけではなく「かゆみ・赤み・かぶれ」などの肌トラブルにつながることがあるので注意が必要です。

まずは、正しい毛の剃り方を身につけて、外的刺激を減らすように心がけることがとっても大切!

あとでご紹介する青髭の正しい処理方法についても、ぜひ参考にしてみて下さいね。

3:遺伝による影響

人間にも個体差があり、生まれもって体毛が濃い人・薄い人がいますよね。体の毛深さについては両親からの遺伝や祖父母やそれ以前の代の隔世(かくせい)遺伝が関係していることもあるのです。

遺伝による体毛の濃さは、ホルモンバランスの乱れや外的刺激と違って「対処方法」がなかなか見つからないのが厄介ですね。

遺伝が原因と考えられる場合は、脱毛サロンやクリニックの永久脱毛がおすすめです。必要な情報をのちにご紹介しますので、最後までチェックしてみてくださいね。

4:多毛症などの病気による影響

もうひとつの原因として考えられるのは「多毛症」。

多毛症というのは、女性なのに男性のように体毛が太く濃く硬く成長してしまう症状のことで、フェイスラインや顔のうぶ毛も「多毛症」の影響を受けると濃くなってしまいます。

だいたい10代から20代の前半頃からはじまることが多い症状ですが、男性ホルモンの過剰分泌や月経異常が原因となり発症することが分かっています。

しかし、原因が治まればその症状が良くなってくるのも多毛症の特徴。

いつも生えることのないアゴや胸・太ももなどの部位に、濃くて太い毛が急に生えてくるようになった!など、「多毛症」が疑われる場合は、皮膚科・婦人科・泌尿器科などの医師に相談することをおすすめします。

「青髭」の正しい処理方法をご紹介!

青髭処理をしたあとに化粧水で保湿する女性
青髭が濃くなってしまう原因のひとつである「シェービングによる外的刺激」。

間違った方法でシェービングすると肌にダメージが蓄積してしまい、ひげが太く濃く目立ってきてしまうこともあるので注意が必要です。

まずは「正しい処理方法」の手順からご紹介しますね。

  • 1:蒸しタオルや入浴で肌を温める
  • 2:泡や乳液を青髭に塗っておく
  • 3:専用シェーバーで毛流れに沿って剃る
  • 4:蒸しタオルで拭くか、きれいに洗う
  • 5:化粧水・乳液でしっかりと保湿する

1~4までのステップを踏むことで、シェービングによる外的刺激をだいぶ減らすことができます。

このとき刺激を与えやすいT字カミソリは使用せず、フェイシャル専用の電動シェーバーやI字カミソリなどを使って毛流れに沿うようにやさしくお手入れして下さいね。

シェービングのポイントとしては、剃る前の処理と剃ったあとのケアがとても大切です。自分で青髭を処理するときは、1から5までのステップを踏んで、シェービングによる外的刺激を減らせるように心がけてみましょう!

青髭に効果的な「フェイシャル脱毛」を利用してみる

脱毛サロンでフェイシャル脱毛を受ける女性
青髭はコンシーラーやリキッドファンデなどの濃いメイクで隠すこともできますが、青髭を毛根からキレイになくしたい方は脱毛サロンやクリニックで行う「フェイシャル脱毛」がおすすめ。

フェイシャル脱毛なら「毛根」から毛がなくなるので毛穴がキュッと引きしまり、毛根部分の黒ずみも目立ちにくくなるというメリットがあります。多毛症で悩んでいる方にも、とても有効な方法ですね。

顔のうぶ毛はワキや脚などの毛に比べると薄く提て細いため、刺激を感じやすいデメリットはあるものの、気になる青髭を自己処理する煩わしさからも解放され、肌色がワントーン明るくなったり、化粧崩れしにくくなるなどのメリットの方が多いです。

フェイシャル脱毛は、脱毛サロンやクリニックなどでも人気のメニューなので、自分の通いやすい場所や施術内容・費用などを比較しながら、自分にぴったりの場所を探してみてくださいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。青髭の原因と対処法についてご紹介しました。

青髭をシェービングするときは、ご紹介した「正しい処理方法」をぜひ参考にしてみてくださいね!自己処理に自信がない方は、脱毛サロンやクリニックでのフェイシャル脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

気になる青髭をなくして、女子力アップを目指してみましょう!

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン