脱毛エンジェル > はじめての全身脱毛 > 全身脱毛の範囲はどこからどこまで?イラスト付きで解説!

全身脱毛の範囲はどこからどこまで?イラスト付きで解説!

全身脱毛の範囲のイラスト

「全身脱毛」というと、VIOラインを含む全身のムダ毛を全部処理してくれるのではというイメージを持つ人が多いようです。

しかし、実際には脱毛するサロンによって全身脱毛に含まれる範囲は異なります。

全身脱毛に顔脱毛が含まれるサロンもあれば、顔脱毛は含まれないサロンもあります。また、VIOライン全部が含まれるサロンもあれば、Vラインのみ含まれるというサロンもあります。

ですから、脱毛サロンによって全身脱毛に含まれる範囲が異なりますから、契約した後に「ここも含まれると思っていたのに!」といったトラブルにならないように事前によく確認しておくことが大切です。

ここでは、大手脱毛サロンと全身脱毛専門のサロンの脱毛範囲についてそれぞれ比較してみたいと思います。

ミュゼプラチナムの全身脱毛の範囲

ミュゼプラチナムの範囲

大手脱毛サロンの代表といえば『ミュゼプラチナム』です。

ミュゼというと、両ワキ脱毛やVライン脱毛などのイメージが強いかもしれませんが、全身脱毛コースも用意されています。

ミュゼの全身脱毛コースは、ほぼ全てのパーツを脱毛できます。VIOライン脱毛はもちろんのこと、手や足の甲・指の脱毛もしてもらえます。12回以上契約すると、襟足も範囲に含まれます。

逆に含まれないのは顔です。ミュゼには顔全体のメニュー自体がないので、脱毛したくてもできません。ただし、「鼻下」、「あご」の2部位についてはオプションで選ぶことができます。

銀座カラーの全身脱毛の範囲

銀座カラーの範囲
銀座カラー』も人気の高いサロンですが、こちらの全身脱毛もミュゼと同じで、顔以外の全身脱毛となっています。

ミュゼとの違いは回数に関わりなく襟足の脱毛もやってもらうことができる点ですが、顔脱毛についてはやはり顔専用のプランを追加で契約する必要があります。

エピレの全身脱毛の範囲

エピレの範囲
続いては『エピレ』です。

エピレの全身脱毛プランは、全身30部位からLパーツ12部位、Sパーツ12部位の合計24部位を選ぶことができるものです。自分の希望に合わせて選べるというお得感があります。

ミュゼや銀座カラーとは異なり、顔も選べるパーツに入っていますので、顔脱毛をしたい人にとってはありがたいです。

脱毛ラボの全身脱毛の範囲

脱毛ラボの範囲

全身脱毛専門のサロンとして知名度が高いのは『脱毛ラボ』です。

脱毛ラボの全身脱毛は、襟足(うなじ)やVIOラインを含む全身の脱毛となっています。

顔全体は含まれていないですが、鼻下とアゴは脱毛の範囲に含まれています。

ディオーネ(Dione)の全身脱毛の範囲

ディオーネ(Dione)の全身脱毛の範囲

ディオーネ(Dione)の全身脱毛プランではでは、全身脱毛(Lパーツから4部位、Sパーツから4部位を選べる)と全身脱毛まるごと脱毛(※顔以外のすべて)の2つのプランがあります。

いずれも顔は含まれていないので、顔を脱毛するためには別途契約が必要です。

KIREIMO(キレイモ)の全身脱毛の範囲

KIREIMO(キレイモ)の全身脱毛の範囲
続いては月額制で全身脱毛のプランがある『KIREIMO(キレイモ)』です。

キレイモは、顔全体を含む全身脱毛となっています。多くのサロンでは含まれない眉や鼻の脱毛も含みます。有名サロンの中では顔全体を含んでいる唯一のサロンと言っていいと思います。

顔も含めて全て脱毛したいという人に人気があります。

まとめ

基本的にどこのサロンも全身脱毛のプランではほぼ全ての範囲を脱毛してもらうことができます。違いがあるとすれば、顔が含まれるかどうかです。エピレは選択制なので顔を選べば顔も脱毛できますし、キレイモは初めから顔も含まれています。あとは、ミュゼが襟足は別料金になっている点くらいでしょうか。

厳密には範囲の解釈がサロンによって微妙に異なるので、念のため契約時に範囲の詳細について説明を聞くのがいいと思います。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン