脱毛エンジェル > はじめてのVIO脱毛 > Vラインの形にはどんな種類がある?それぞれのメリットデメリットは?

Vラインの形にはどんな種類がある?それぞれのメリットデメリットは?

脱毛について考える女性

実は種類が多い!Vラインの形

VIOラインの中でも、まずはVラインの脱毛からスタートしたいと考える人は多いですよね!Vライン脱毛をするにあたって、考えておかないといけないのはVラインの形です。


Vラインの形は種類が多いので、脱毛サロンなどに足を運ぶ前に決めておくのがおすすめです。
そうしないと、どれにしようかと迷ってしまったり、適当に選んだ結果、後悔が残ったり・・・ということになるからです。

では、代表的なVラインの形について1つずつ解説していきますね!

代表的なVラインの形はこの5つ!

逆三角形型

Vラインの形の中でもオーソドックスなものの1つが、逆三角形型です。正面から見て見える部分のアンダーヘアを逆三角形に整えるというもので、あまりやっている感がないけど、きちんと整っているという点で男性にも受け入れやすい形です。デメリットとしては、細めのショーツをはいた場合は、ちょっと毛がはみ出してしまうかなぁという点です。

卵型

Vラインの形の中でも「自然に仕上がる」と人気があるのが卵型です。正面から見た時のアンダーヘアの形を丸い楕円形に整えたものですが、逆三角形よりも、より自然な感じに仕上がります。細めのショーツをはくと毛が見えてしまうかもしれませんが、小さめの卵型に整えると、細めのショーツでも大丈夫なのでオシャレの幅は広がります。

スクエア型

代表的な形の1つにスクエア型があります。これは、四角形にアンダーヘアを整えたものですが、残っているアンダーヘアの面積が広くなるので、意外と自然な感じに仕上がります。

Iライン型

露出度の高い下着を身に着けることが多いという人におすすめなのは、Iライン型です。Vラインの形を細めの長方形に整えるので、自然な感じではなくなりますが、アンダーヘアを気にせずオシャレを楽しめるという点ではオススメの形です。

パイパン

中には、全処理、つまりパイパンにしてしまう人もいます。IOラインとセットで行いますが、欧米では人気の形です。日本でもやっている人は増えていますが、男性の中には苦手な人もいるので選択する場合は注意してくださいね。

それぞれのメリットとデメリットを知った上で選ぼう!

このように、代表的なVラインの形には5種類もありますから、どの形にするかと迷ってしまいますよね。どの形にするかは、勢いで決めたくなるかもしれませんが、それぞれにメリットとデメリットがありますから、後々のことまで考えて、よく比較して選ぶようにするのがおすすめです。そうすれば、満足のいくVライン脱毛ができますよ。

シェアする

関連する記事