脱毛エンジェル > はじめてのVIO脱毛 > VIO脱毛の痛みはどれくらいある?痛みを軽減するためのコツを解説

VIO脱毛の痛みはどれくらいある?痛みを軽減するためのコツを解説

脱毛の中でも一番痛いと言われているのが、デリケートゾーンの脱毛(VIO脱毛)です。夏に向けてキレイにしたい人や、彼氏やパートナーのために整えたいという人の中には、VIO脱毛時の痛みが不安でなかなか脱毛に踏み切れない人もいるかもしれませんね。

今回は、そんなVIO脱毛の痛みについて、サロンとクリニックそれぞれでVIO脱毛した人の体験レポートを紹介していきます。そのほか、VIO脱毛の痛みを少なくする方法も教えます。

VIO脱毛は痛い?

生理中の脱毛について悩む女性

全身の部位の中で一番痛いのはVIO脱毛ということを聞いたことがある方もいるかもしれません。全身脱毛した方に一番痛かった部位を聞くと、もっとも多い回答がデリケートゾーンの脱毛です。もちろん個人差もあり、ほかにも顔やヒザなども痛みを感じやすい部位です。

逆に痛みを感じにくい指の毛や手足の甲などは、「ほとんど痛くなかったし、何も感じなかった」という人もいる箇所ですが、VIO脱毛に関しては、何も感じなかったという人はあまりいないのが現状です。「そんなに痛くなかった」という人も含め、少しは痛みを感じるパーツだと言えるでしょう。中には「痛みを我慢するのが難しかった」「冷汗が止まらなかった」という方も。

VIO脱毛の中でも、女性器の外側にあたるIラインが特に痛いと言われています。粘膜が近いエリアなので、痛みが強いことはなんとなく想像がつきますね。また、Oライン(肛門まわり)が痛かったという方も多くいます。

VIO脱毛はなぜ痛いのか?

ではVIO脱毛がなぜ痛いのか、カンタンに理由を説明していきますね。

毛が根深くて、皮膚が敏感なエリアだから

特に痛いと言われるIライン(女性器の両側)やOライン(肛門まわり)に生えている毛は、デリケートで大切な部分を守るため、太くて固い毛が生えています。毛も根深くしっかりと生えています。

一方で皮膚は薄いため、痛みに敏感です。そのため、脱毛時に痛みを感じやすいと言われています。

色素沈着があるから

VIOラインの毛を自己処理していると、色素沈着で黒ずんでしまうというのは聞いたことありますよね。長くカミソリなどで処理していると、カミソリ負けなどで肌が傷つき、その傷跡は黒ずみになってしまうことがあります。

クリニックのレーザー脱毛やサロンの光脱毛は、毛や肌の黒い部分(メラニン色素)に熱を溜める仕組みになっているため、黒ずみがあるとその部分に当たった時に痛みを感じることがあります。

VIO脱毛の痛みを、サロンとクリニックで比較!

脱毛サロン(光脱毛)とクリニック(医療レーザー)を比較した場合、痛みが強いのはクリニックです。クリニックの方が効果の高いレーザーを使っているので、その分痛みを感じやすいのです。

では、実際にサロンとクリニックそれぞれでVIO脱毛した方が「どのくらい痛かったのか」、比較していきましょう。下に載せるのは、当サイト(脱毛エンジェル)に投稿された生の声から抜粋しています。

脱毛サロン(光脱毛)でVIO脱毛した方の声

痛みはほとんど感じなかった(ミュゼプラチナム)
By 25歳/OL
VIOは濃い毛なので痛みがあるかとも不安に思っていたのですが、私の場合は痛みもほとんど感じませんでした。
チクっとする痛み(脱毛ラボ)
By 26歳/ショップ店員/全身脱毛
VIOはチクっとする痛みがありましたが、我慢できるレベルです。
我慢できるレベルの痛み(キレイモ)
By 25歳/OL/全身脱毛
VIOだけは場所によっては痛みもありますが、我慢出来るレベルのちくっとしたかすかな痛みです。

脱毛サロンでVIO脱毛した人のコメントでは、「そんなに痛くなかった」「少し痛かったけど我慢できる程度だった」という感想がほとんどでした。

クリニック(医療レーザー)でVIO脱毛した方の声

皮が薄い部分は痛かった(リゼ)
By 26歳/受付事務/全身脱毛

以前通っていた脱毛サロンよりやはり痛いです。脱毛サロンがパチン!だとしたら、リゼはバチン!って感じです。慣れればそうでもないですが、初回は思っていたより痛くてちょっとビビりました。。笑

リゼはクリニックの中では痛みはましな方らしいですが、それでもちょっと痛いは痛いですね。唇の周りやVIOの皮が薄い部分は特に痛みがありましたね。。

思っていた通り痛かった(アリシアクリニック)
By 27歳/OL/全身脱毛5回セットプラン
施術は思っていた通り痛くて、ゴムで弾いたような痛みがありました。(塗るタイプの麻酔もあるようなので、次回は塗ってもらおうかな。。。)
耐えなければいけないほど痛い(フェミークリニック)
By 27歳/OL/両わき、ひじ下、ひざ下
VIOとかはちょっと耐えなければいけないほど痛いですが、VIOはサロンでも痛いので、似たようなものです。

脱毛サロンと比べるとやはり痛みは強いようです。「麻酔したいぐらい痛かった」「耐えなければいけないほど痛かった」という人がほとんどでした。

VIO脱毛の痛みを軽減する方法もある!

ここまで読んで、「やっぱり痛いんだ…怖い…」と思ってしまった方もいるかもしれません。しかし安心してください。どうしてもVIO脱毛の痛みから回避したいという方には、痛みを軽減する方法がいくつかあります。

照射レベルを落としてもらう

VIOに限らず、痛みを感じる場合にはスタッフに相談すれば、当てている光線の照射レベルを下げてもらうことができます。実際に施術を受けないとどの程度痛いのかはわからないのが実情なので、痛いと思った場合のみ照射レベルを下げてもらうことができます。

クリニックなら麻酔を使ってもらうことも

医療機関で脱毛する場合、どうしても痛みに我慢できない場合は、麻酔クリームや笑気麻酔(笑気ガスを吸入する麻酔のこと)を使ってもらうことが可能。別途料金がかかり、1回2,000~3,000円が一般的です。麻酔を使えば、痛みをほぼ感じずに脱毛できます。

痛くない脱毛方法を試してみる

光脱毛やレーザー脱毛は高温で毛根にダメージを与える脱毛方法なので、いくらか痛みを感じるのはある意味逃れられません。しかし、痛みがどうしても嫌だという方は、高温を用いない脱毛方法を選択するのも手です。例えば脱毛サロンのディオーネでは、「ハイパースキン脱毛」という熱を用いない方法で脱毛が可能です。

まとめ

VIO脱毛の痛みについて説明していきました。脱毛サロンではそれほど痛みを感じない人もいますが、医療レーザー脱毛は結構強い痛みを感じることが多いようですね。

どの程度の痛みが出るかはかなり個人差があるので、正直脱毛してみないと分からないのですが、チャレンジしてみて、もし痛みが強いようであれば、照射レベルを下げてもらったり、クリニックの場合は麻酔を使ってもらったりして、痛みを軽減しながら脱毛を進めていきましょう。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン