脱毛エンジェル > はじめてのVIO脱毛 > 海外のアンダーヘアへの意識の高さがやばい!日本との違いに衝撃!

海外のアンダーヘアへの意識の高さがやばい!日本との違いに衝撃!

海外のアンダーヘア事情を知って驚く女性
日本では、アンダーヘアをそのままにしている人が多いですが、海外ではアンダーヘアに対する意識が日本とはだいぶ違うことをご存知でしょうか。

最近の日本では、ワキや脚・腕などを脱毛することは常識になりつつありますが、アンダーヘアについては海外の女性たちよりも少々遅れを取っているようです。

そこで今回は、意外と知られていない海外のアンダーヘア事情について詳しくまとめてみました。アメリカ、ヨーロッパ、日本以外のアジア各国のアンダーヘア事情は一体どうなっているのでしょうか?

日本におけるアンダーヘア事情は?

すごく気になるけれど、今さら聞くに聞けない「アンダーヘア」事情。実は、国によってかなりの格差が広がっていることをご存じでしょうか。

近年の日本における脱毛は、ワンコインなどでお試しできるキャンペーンも出てきたことから若い世代を中心にして、幅広い年齢層の方に「脱毛人気」が広まっています。なかでも、ワキ・腕・脚・顔など、目に見える部位の脱毛が特に人気ですね。

日本でも、IラインやVIOのコースが提供されるようになり、アンダーヘアを処理する意識もかなり高まってきてはいますが、まだまだアンダーヘアについては手つかずで「何にもケアしていない…」という、ナチュラル志向の方が多い傾向にあります。

興味はあるけど温泉が盛んであるお国柄ということもあり、裸になったときに「アンダーヘアが全くないと周囲から変な目で見られないかな?」「彼氏から驚かれないかな?」という不安もあるよう。

アンダーヘアを処理すると、水着や下着がきれいにキマルことはもちろんですが、蒸れ・汚れ・臭い・抜け毛が起きにくいといったさまざまなメリットがあるんですよ♪

日本では、あまりなじみのないアンダーヘア脱毛ですが、最近では海外ドラマの影響や、ハリウッド女優などの海外セレブたちがアンダーヘアをキレイに脱毛していることから、日本でもかなり関心が高まってきています。

それでは次の項目で、海外のエリア別にアンダーヘア事情を詳しくみていきましょう~。

アメリカのアンダーヘア事情は?

海外のアンダーヘア事情を探ってみよう
世界で最も早くから「アンダーヘア脱毛」を行っていたと言われているのがアメリカ。実際、アンダーヘアの処理を行っている女性の割合についても、世界のなかでトップクラスとされています。

処理の仕方についても、完全にすべてを剃ってしまうというブラジリアンスタイル「ハイジニーナ」が主流です。

アメリカ人がハイジニーナにするのは、衛生面を気にしているというのが一番の理由。アメリカではアンダーヘアが「不潔」であるというイメージがとても強く、ゴミや汚れがつかないよう、蒸れたり臭ったりしないように全てをツルツルに剃ってしまうスタイルが多いんだそう。

逆に、日本人には意識が高い「ワキ脱毛」についてはあまり気にしていない女性も多く、ワキ毛をそのままの状態で生やしているハリウッド女優もいるほど。 最近では、ワキ毛をカラフルに染める脇カラーリングが流行っているというので、日本人からすると驚かされますよね。

しかし、アンダーヘアの処理については、女性はもちろん男性でも80%は処理しているというのですから、国全体でアンダーヘアに対する意識が高いことがうかがえます。

また、南米やラテン系の女性は、露出の高いセクシーな服を着ることが多いことから「アンダーヘアの処理も必須の身だしなみ」といった感覚を持っているよう。

アンダーヘアをツルツルに剃ることを「ブラジリアンスタイル」と呼ぶように、アメリカではVラインだけではなく、IラインやOラインまで全てを無毛状態にするのが当たり前と捉えている女性も多いのです。

ヨーロッパのアンダーヘア事情は?

さまざまな人種や文化が混在しているヨーロッパでは、アンダーヘアの脱毛事情もお国によってさまざま。

毛が細くて色素も薄いフランス人の脱毛については、世界的に見てもあまり脱毛意識は高くないそう。永久脱毛などはあまり行わず、自己処理するパターンが主流になってます。

アンダーヘアについても日本と同じように、ナチュラルなまま残している方が多いんだとか。

処理するときの型もユニークで、中央を縦型に細長く残す「メトロチケット」という型に処理するのがフランスでは人気のようです。

そして、そんなフランスとは対照的なのがイギリス。イギリスでは脱毛に対する意識がとても高く、全身トータル的に永久脱毛する女性が多いんですよ。

イタリアやスペインについても、アンダーヘアの処理にはかなり意識している女性が多く、全部ツルツルになるハイジニーナまではいかないものの「Vラインのみを残して短めに整える」のが、イタリア人の主流になっています。

ヨーロッパ諸国の人は色素が薄いこともあり、ワキや脚などの脱毛についてはあまり意識していないことが多いですが、アンダーヘアの処理については重要視している傾向があるようですね。

韓国・台湾・中国のアンダーヘア事情は?

アジアのアンダーヘア事情を探ってみよう
日本とも感覚の近いアジア各国のアンダーヘア事情、気になりますよね。

美容大国とも呼ばれる「韓国」をはじめ、台湾や中国のアンダーヘア事情はどうなっているのでしょうか。

美意識の高いおとなり韓国では、日本人女性と同じようにワキ・腕・脚・顔などの脱毛を徹底して行う女性が多いことで有名です。韓国人女性の脱毛意識は、アンダーヘアにも向かい始めていて、昔に比べるとハイジニーナにする女性も増えているんだとか。

比較的アンダーヘアはそのままにしておくことの多いアジア諸国においても、韓国のアンダーヘアに対する意識はかなり高まってきているといいます。

台湾や中国については、元来体毛が薄いこともあり全身脱毛を行わない方が多いようです。中国については、日本では常識となりつつあるワキ毛の処理もしない女性が多いんだとか。

しかしながら、台湾・中国の大都市エリアでは女性の美意識への高まりから、日本と同じようにワキ・腕・脚・顔をはじめ、アンダーヘアについてもIライン・Vラインをきれいに整えている女性も増えつつあるようです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外のアンダーヘア事情について、エリア別に詳しくご紹介しました。

お国柄や文化・人種の違いから、それぞれの国によってアンダーヘア脱毛の意識や型も違うことが分かりましたね。日本ではまだまだ浸透していないアンダーヘア脱毛ですが、世界ではすでに常識のケアとなりつつあるようです。

日本の脱毛サロンでは、毛量やデザイン、ハイジニーナにするかどうかなどについてもしっかりと相談できるので、アンダーヘア脱毛にトライしてみたい方は、施術前に担当スタッフさんと相談しながら、希望の型を叶えてみてくださいね!

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン