脱毛エンジェル > 脱毛による肌トラブルの原因と対処法 > 脱毛サロンで施術後に赤く腫れてしまう原因と対処法

脱毛サロンで施術後に赤く腫れてしまう原因と対処法

脱毛サロンで施術後に赤く腫れてしまったイラスト

脱毛したら、施術後に赤く腫れてしまった!

脱サロンの施術後に肌が赤くなってしまうことがあります。この赤みの正体は、肌が軽い火傷状態になっていることによる炎症です。「火傷」というと慌ててしまいそうになりますが、きちんとケアをすればこの赤みはすぐに引くものなので、正しい方法でしっかりと対処しましょう。

最初の対処法

施術後に赤みが出た場合は、まずはその部分をよく冷やしましょう。これは、火傷の時のお手入れと同じですね。よく冷やすことで、肌の炎症を抑えることはできますので、まずはよく冷やしてください。

冷やし方としては、氷を直接肌に当てるという方法だと、今度は凍傷になってしまう恐れもありますから、凍らせた保冷剤や氷を使う場合は、濡らしたタオルなどでくるんで肌に当てるようにしましょう。これを赤みが引くまでの間は続けてください。だいたい1~2日すると、赤みは自然と引いてくるはずです。

2~3日しても赤みが引かない場合

脱毛後、患部を冷やしていたのに赤みが引かないという場合は、まずは施術を受けた脱毛サロンや脱毛クリニックに相談してください。皮膚科に行くことを勧められることもありますし、脱毛クリニックであれば火傷用のクリームなどを処方してくれることもあります。

もし、もうしばらくの間、冷やしながら様子を見るように言われる場合は、冷やすと共に患部の保湿をしっかりと行いましょう。特に就寝時などは思うように冷やすことができないと思いますので、患部をしっかりと保湿したり、アロエジェルなど火傷に効果的なジェルやクリームなどを塗ったりして休むようにするのがおすすめです。

それでも赤みが引かないという場合は、再度脱毛サロンやクリニックに連絡しましょう。

脱毛による赤みが出るのを予防する方法

脱毛に伴う赤みが出るかどうかは、肌質やお手入れ時の出力レベルの高さに依存している部分も大きいのですが、事前に肌のコンディションを整えておくことでいくらか予防することはできます。

乾燥した肌は、肌のバリア機能が低下してしまっているので、脱毛によるダメージを受けやすくなっています。なので、脱毛前に肌をしっかりと保湿しておくようにするだけでも、肌のバリア機能を高めてくれるので、脱毛によるダメージを受けにくくすることができます。

脱毛の2~3週間前から毎日しっかりと保湿ケアをして、肌のコンディションを整えおくのがベストですが、少なくとも3日前くらいからでも保湿しておくといいと思います。

シェアする

関連する記事