脱毛エンジェル > 脱毛による肌トラブルの原因と対処法 > 脱毛後に毛穴が黒く見える原因と対処法

脱毛後に毛穴が黒く見える原因と対処法

脱毛後に毛穴が黒くなったイラスト

脱毛後に毛穴が黒く見える!原因は?

脱毛エステや脱毛クリニックで施術を受けた後の肌をよく見ると、「なんだか毛穴が黒く見える」ということはありませんか?せっかくキレイになれると思って脱毛を受けたのに、毛穴が黒く見えるとなると、「どうして~??」とちょっと軽いパニックになってしまいますよね。

脱毛後に毛穴が黒く見えてしまうのは、脱毛処理を受けたムダ毛が毛穴に残ってしまったものです。光脱毛器や医療レーザー脱毛器でのお手入れを受ける時は、事前処理としてムダ毛を剃っておき、その部分に光やレーザーを照射します。

光やレーザーは色素の濃いものに反応しますから、剃った後の肌表面から黒く見える毛に反応して高熱による脱毛処理を行います。この時、熱によって処理された毛の燃えカスが毛穴に残ってしまって毛穴が黒く見えることもあります。

どうすればいい?脱毛後に毛穴が黒く見える時

毛穴が黒く見えると気になってしまって、毛穴に残った毛を押し出そうとしたり、毛抜きなどで無理やり抜こうとしたりしたくなるかもしれません。しかし、そうすると毛穴周辺にダメージを与えてしまって、色素沈着や肌荒れの原因になりますので絶対にしないようにしましょう。

脱毛後に毛穴が黒く見えても、その部分に毛が残っているだけですから、時間の経過とともに自然と外に出てきます。大抵の場合は、1~2週間もすれば黒く見えていた毛は抜けてしまって気にならなくなりますので、心配しなくても大丈夫です。

もし、少しでも早く残った毛を外に出したいという場合は、肌をマッサージして新陳代謝を高めたり、肌の保湿をしっかりして毛穴から黒く残ってしまった毛が出やすいようにしてあげたりするといいでしょう。毛穴が黒く見える状態が続いている間は、長袖のシャツやジャケットを着たり、長めのスカート・パンツをはくなどしたりして脱毛中の部分の肌を見せないように工夫するといいと思います。

また、結婚式に出席するなどして露出度の高い格好をする予定がある場合は、その直前~2週間前の時期には脱毛をするのは控えるようにするのがおすすめです。脱毛をしている部位にもよりますが、衣類で隠れない部分の脱毛をしている場合は、露出した肌の毛穴が黒く見えてしまう恐れがあるからです。

脱毛後に毛穴が黒く見えると心配になるかもしれませんが、一時的なものなので安心してくださいね。

シェアする

関連する記事