脱毛エンジェル > これで完璧!ムダ毛をきれいに自己処理するコツ > 抑毛ローション(抑毛剤)でキレイに脱毛するコツ

抑毛ローション(抑毛剤)でキレイに脱毛するコツ

ローションを使う女性の手

抑毛ローションの特徴

抑毛ローションは言葉の通り、毛が生えてくることを抑制するためのローションのことです。市販品もありますが、豆乳などの大豆製品を使って手作りするひとも多いです。手作りの場合は、豆乳ローションなどと呼ばれたりしますね。

抑毛の仕組みはローションに含まれているイソフラボンという成分です。ムダ毛が生えてくるのは男性ホルモンが原因ですが、イソフラボンは男性ホルモンを抑えて、女性ホルモンのような働きをしてくれるので、毛が生えるのを抑えてくれます。

抑毛ローションのメリット

ムダ毛が生えてくるスピードが遅くなります。生えてきても細い毛が生えてくるだけなので、処理するのも楽にななります。ローションを塗るだけでOKなので、化粧水や美容液の代わりに塗っても大丈夫です。保湿成分が配合されていることも多いので、抑毛だけでなく美容にも効果があります。

また、抑毛に効果がある成分も天然の成分であるイソフラボンなので、肌への負担もほとんどありません。デリケートゾーンでも使えますし、敏感肌や、小さいこどもでも安全に使うことができます。

抑毛ローションのデメリット

抑毛ローションは薬品ではないので、効果にムラがあるのが欠点です。ひとによって効果が薄かったり、全く効果がないという場合もあります。個人差が大きいので、使ってみないと効果があるかどうかは分かりません。

また、効果が出るまでには1ヶ月〜3ヶ月くらいかかります。毎日使い続けて、数ヶ月でようやく効果が出るというものなので、かなりの根気とマメさが必要になります。

あとは、市販の抑毛ローションは1個あたりは高くはないですが、抑毛の効果を得るためには、ずっと使い続けなくてはいけないので、出費はかさみます。自分で手作りするとしても、豆乳代などはかかってしまうので、年間で2万から3万くらいの出費は覚悟したほうがいいでしょう。

抑毛ローションの選び方

抑毛ローションには様々な種類がありますが、基本的には、大豆などの天然由来のイソフラボンが主原料となるので、製品ごとに大きな違いはありません。ローションタイプやジェルタイプ、クリームタイプやミストタイプなど、好みや使いやすさで選んでいいと思います。

注意点としては、抑毛ローションの中には、効果を強めるために化学的な除毛成分がふくまれている場合があり、これは肌への負担が大きいので注意が必要です。成分名に「チオグリコール酸カルシウム」と書いていたら、これは除毛剤で使われるような強力な成分なので、毎日塗る抑毛ローションとしては使わないようにします。

抑毛ローションは使い始めてすぐに効果が出ることはありません。早い人でも1ヶ月は必要です。遅い人だと3ヶ月以上かかる場合もありますし、途中でサボった期間があると、効果が出るのにさらに時間がかかってしまいます。根気よく毎日塗り続けるようにしましょう。

シェアする

関連する記事