脱毛エンジェル > これで完璧!ムダ毛をきれいに自己処理するコツ > トリマーで顔のうぶ毛をきれいに脱毛するコツ

トリマーで顔のうぶ毛をきれいに脱毛するコツ

脱毛した女性

トリマーの特徴

トリマーはカミソリの形をした電動の脱毛器具です。

電気シェーバーと似ていますが、シェーバーは刃が回転しているのに対し、トリマーは二枚の刃が交互に動くことでムダ毛をカットしています。

肌に当たる部分が安全に作られているのが特徴で、産毛や細い毛の処理に向いています。

最も有名な女性用のトリマーのブランドといえば、パナソニックのフェリエになります。女性用のトリマーといえばフェリエを指すといってもいいくらい人気と知名度があり、トリマーの代名詞としても使われます。

男性用もあるにはありますが、女性用と性能が変わるわけではないので、男性も女性用のトリマーを使っている人がほとんどです。

トリマーで脱毛するメリット

持ち運びに便利で、使い方も簡単なので、どこでも誰でも気軽に使えることがメリットです。

太い毛には使えませんが、産毛程度であれば、トリマーでも十分に毛を剃ることが可能です。シェービングクリームや蒸しタオルなどは必要なく、そのまま使えるので、手間もかかりません。

刃は直接肌に触れることがないような構造になっているので、よっぽど強く肌に押し付けない限りは、肌を傷つけるようなことはありません。基本的には肌のトラブルは少なく、安全につかうことができます。

トリマーで脱毛するデメリット

あくまで産毛の処理用の器具なので、使える部位は限られてきます。顔や耳、うなじの産毛、指の産毛など、産毛や細い毛しか生えていないような部位くらいしか使うことはできません。

無理やり太い毛に使ってしまうと、刃がボロボロになり、それが肌を削る原因になってしまうことがあります。

また、カミソリのように根本から剃るわけではないので、剃り残しや深ぞりをすることができません。

トリマーの選び方

同じメーカーの商品でもいろいろな種類があるので、選ぶときには目的別に選ぶようにします。ボディ用、顔用、眉毛用、うなじ用など、用途によっても分けられています。

トリマーはパナソニックのフェリエが有名ですが、フェリエには目的別に刃を交換できるタイプもあります。こうしたものは1本3役くらいを担ってくれるので、経済的でなおかつ持ち運びに便利なのでオススメです。

トリマーの使い方

脱毛のコツ
トリマーは肌を軽くなでるように使うのがポイントです。シワがよりやすいところは広げるようにして剃ると剃りやすくなります。

部位別のポイントは下記の通りです。

マユの上・・・マユの手前2〜3mm上までにとどめて剃ります
マユの下・・・瞼を手で押さえて肌を伸ばしながら剃ります
眉間・・・角度を変えながら眉毛にかからないように剃ります
額・・・生え際から中央に寄せるように剃ります
目の下・・・指で押さえて中央から外側にへ剃ります
ほお・・・顔の中央から外側へ広げるように剃ります
鼻の下・・・鼻下を伸ばした下方向に剃ります
もみあげ・・・もみあげの長さを決めてゆっくりしたへ下ろします
襟足・・・指で首を押さえながら下から上に向けて動かします

カミソリのように肌に押し付けて剃ろうとすると、肌の表面が傷ついてしまうので注意が必要です。表面が傷ついてしまったときは、化粧水や乳液でしっかりと保湿するようにします。

詳しい使い方は下記の動画が参考になります。

シェアする

関連する記事