脱毛エンジェル > これで完璧!ムダ毛をきれいに自己処理するコツ > 女性のすね毛の正しい剃り方は?間違ったシェービングは逆効果!

女性のすね毛の正しい剃り方は?間違ったシェービングは逆効果!

すね毛を脱毛してキレイになった女性

スカートから覗くキレイな脚は、素敵な女性の必須条件ですよね。せっかくオシャレしていても、すね毛がボーボーだったら、男性に引かれてしまうことも…。

すね毛のムダ毛処理をするために、カミソリや電気シェーバーで自己処理している女性も多いことでしょう。しかし、シェービングには注意して欲しい点もたくさんあります

間違った自己処理方法を続けていると、キレイにするどころか、黒ずみや色素沈着が起こったり、肌トラブルに繋がってしまったり…逆効果になってしまう危険性があるんです。

今回は女性向けに、すね毛の正しい剃り方(シェービング方法)を解説していきます。

すね毛を剃るのに適している道具は?

すね毛のムダ毛を剃るのには、次のような道具があります。

  • カミソリでシェービング
  • 電気シェーバーで剃る

カミソリでシェービング

サロンやクリニックなどに通わず自己処理している人のほとんどは、手軽な方法としてカミソリを使っている方が多いのではないでしょうか。

入浴のついでにカミソリですね毛を剃るのはお手軽で、お金もかからない自己処理方法です。

ただし、カミソリは毛と一緒に肌表面も削り取ってしまうため、あまり頻繁に処理を長年続けると、肌にダメージを与えてしまう危険性もあります。

肌に刺激を加え続けると、カミソリ負けでかゆみや赤みが出るほか、乾燥肌になりやすくなったり、黒ずみや色素沈着ができてしまう場合もあります。

できればカミソリによる自己処理は、最低限に抑えたほうが良いでしょう。

電気シェーバーで剃る

電気シェーバーもカミソリと同じに思うかもしれませんが、カミソリが肌に直接当たるのに対し、電気シェーバーはガードが付いているため肌には直接当たりません。

肌を削り取らないため、カミソリよりも肌への負担が少ないシェービング方法です。ただし、全く負担がかからないわけではないので、電気シェーバーを使ったあとは必ずたっぷり保湿することが大切です。

ただし、肌を守るガードがあるため、肌すれすれまで毛を剃りにくいのが電気シェーバーのデメリットです。

カミソリのようにツルツルに剃りたい場合は、石鹸剃り対応などのシェーバーを選ぶと良いでしょう。

すね毛をキレイに剃るためのシェーバーの選び方

すね毛をキレイに脱毛した女性

カミソリではなく電気シェーバーを選択する

ここまで説明したように、カミソリは肌表面まで削ってしまうため、肌に大きな負担をかけてしまうシェービング方法です。

自己処理にはカミソリではなく、肌ガードが皮膚を守ってくれる設計の電気シェーバーを使用するようにしましょう。

I型ではなくT型の電気シェーバーが最適

電気シェーバーには、眉や顔用に適したI型(全体が筒状のタイプ)と、広い面のシェービングに適したT型があります。

すね毛処理には、範囲が広い部分を剃りやすいT型シェーバーが最適です。

石鹸剃り・ウェット剃り対応のシェーバーを使用する

乾いた状態で使うシェーバーは、どこでも剃れて便利ですが、深剃りできないのが難点です。肌のギリギリまで剃ってツルツルにしたければ、石鹸剃り対応の電気シェーバーを使用しましょう。

水濡れOKや防水仕様のシェーバーの中にも、石鹸剃りはできないという機種もあるので、購入前に確認してみてください。

ヘッドが動くシェーバーだとなお良し

ヘッドが上下に動き、凹凸にフィットしやすいタイプのシェーバーがあります。このような構造をしていると、より肌に密着し、キレイに剃れるのでオススメです。

キレイにすね毛を剃る方法

シェービング用の電気シェーバー

【STEP1】お風呂でシェービングフォームや石鹸を用意する

肌を濡らして滑りを良くすることで、より肌に優しく、キレイに仕上げることができます。

ウェット剃りをする場所は、お風呂などが最適です。

【STEP2】肌に対して垂直に当てる

電気シェーバーは、肌に対して垂直に使うことを前提に設計されています。斜めにしたり肌に対して寝かせて使うと、シェービング効果が低くなるので、垂直を心がけてください。

強く当てすぎるとシェーバーが壊れる原因になるので、軽く肌に当てるようにしましょう。

【STEP3】毛の流れに沿ってシェービングする

毛の生えている流れに沿ってシェービングするのが、キレイに剃るコツです。

ただし、電気シェーバーの機種によっては逆剃りを進めている場合もあるので、説明書をしっかり読んで、したがってください。

【STEP4】何度も同じ場所に当てず短期間で処理する

電気シェーバーは肌に直接当たらないように設計されていますが、肌へのダメージはゼロではありません。

「もっと毛を短くしたい」「ツルツルにしたい」と思って何度も同じ場所を剃ると、肌に大きな負担がかかるので、できるだけ短時間で処理を終わらせるようにしましょう。

【STEP5】処理後のクールダウンと保湿が大事

シェービングしたあとの肌は、乾燥しやすい状態になっています。処理が終わったらクールダウンするために、冷やしたタオルを当てて、毛穴を引き締めるようにしましょう。

そのあと、乾燥して疲れている肌に潤いを与えるため、保湿を行います。普段使っている化粧水やボディクリームなどで構わないので、たっぷり保湿するようにしてください

頻繁にシェービングするなら脱毛もオススメ

電気シェーバーの正しいシェービング方法を身に付ければ、すね毛をキレイに処理し、見られても恥ずかしくない脚を手に入れることができるでしょう。

しかし、シェービングの効果は、持って数週間です。人によっては1週間に何度もシェービングしている方もいるかもしれません。

カミソリほどではないにしろ、電気シェーバーの処理も、長年続けると毎回刺激が蓄積され、黒ずみや埋没毛など肌トラブルの原因となることがあります。

毛の量が人よりも多く頻繁に剃るという方は、サロンやクリニックでの脱毛を検討しても良いかもしれませんね。

まとめ

すね毛をキレイに剃る正しい方法をお伝えしてきました。

もしかしたら、「電気シェーバーよりもカミソリの方がツルツルに仕上がるから好き」という方もいるかもしれません。しかし、毎回肌を削り取ってしまうカミソリは、長い目で見ると肌トラブルを引き起こす結果になるのでオススメしません。

脱毛サロンや医療クリニックでの事前処理(施術前日の処理)に推奨されているのも、肌ダメージが少ない電気シェーバーなのです。

自己処理にしろサロンなどでの脱毛にしろ、処理した後の肌は敏感で乾燥しているので、しっかり保湿を行うようにしてください。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン