脱毛エンジェル > これで完璧!ムダ毛をきれいに自己処理するコツ > ヒートカッターでアンダーヘアをきれいに処理するための使い方のコツ

ヒートカッターでアンダーヘアをきれいに処理するための使い方のコツ

脱毛してきれいになった女性

ヒートカッターとは?

ヒートカッターはVライントリマーなどとも呼ばれ、アンダーヘアの長さを揃えるために使う道具です。仕組みは単純で、ヒートカッターの先端にある串の間に熱線が入っており、これで毛を焼ききるように出来ています。

利用しているひとは必ずしも多くはありませんが、はさみでやるよりもきれいに仕上がりますし、2000円程度で買えてしまうので、一本もっていても損はない道具です。

ヒートカッターのメリット

アンダーヘアの長さを整えるときには、はさみでカットするのが一般的ですが、はさみでカットするとどうしても、毛の先端が鋭角になってしまうので、チクチク感や下着からの突き出しは避けられませんしかし、ヒートカッターは焼き切る仕組みになっているので、毛の先端は丸くなり、チクチク感や下着からの突き出しは軽減することができます。

また、はさみでやるよりも自然な仕上がりになるので、見た目がいかにも切り揃えましたという感じが出ないのもいいところです。

ヒートカッターのデメリット

熱線が入っているのはクシの先端の内側だけなので、普通の使い方をしている限りは安全です。

ただ、肌に押し付けるような使い方をしたり、本来の目的以外の使い方をした場合には、やけどを負う危険性があります。やけどは肌にとって一番やっかいな存在なので、十分な注意が必要です。

また、ヒートカッターは毛を焼くという性質上、どうしても毛の焦げる匂いが発生してしまいます。耐えられるひとならいいですが、毛の焦げる匂いが苦手なひとや、匂いに敏感なひとにはかなり辛いかもしれません。

ヒートカッターの選び方・おすすめ

クシの内側にある熱線で焼き切るという構造はどのヒートカッターも同じなので、どのヒートカッターを選んでも性能に大きな違いはありません。

ただ、数百円程度で買える安物は安全性に問題がある場合があるので、できることなら選ばないほうが無難です。少なくとも1000円以上で知名度のあるメーカーやブランドの商品を選ぶようにしましょう。

アマゾンの口コミランキングでここ数年ずっと1位を取り続けているラヴィアのVライントリマー、

パナソニックのER-GN25-VPあたりが人気がありますので、迷うのであればこの2つから選ぶのがいいと思います。

それ以外となると、高すぎてコスパが悪いか、安すぎてすぐ壊れるかのどちらかです。ドンキホーテとかで売ってる激安のヒートカッターは壊れやすいことで有名なので、あまりおすすめはできません。

ヒートカッターの上手な使い方

Vライントリマーの使い方
まずはヒートカッターの電源を入れて熱線を温めます。熱が入ってきたら、切りそろえたい部分の毛を10本程度ずつ指でつまみ上げ、その内側にコームを通します。

この10本程度という数が大事なポイントで、少なすぎると時間がかかりますし、多すぎるとうまく切れなくて失敗の原因になります。

特に多すぎる場合には、毛が変な状態になるだけでなく、ヒートカッター自体も壊れてしまうこともあるので、絶対にやめましょう。

熱線に通すとすると熱で簡単に毛がカットされます。まっすぐ引っ張れるくらいの少量を少しずつカットしていくのが、上手に処理するコツです。

使用後は電源を切り軽く除菌シートなどで拭いておくと衛生的です。詳しい使い方は下記の動画もチェックしてみてください。ラヴィアのVライントリマーを例に使い方が説明されています。

シェアする

関連する記事