脱毛エンジェル > これで完璧!ムダ毛をきれいに自己処理するコツ > 電動毛抜きできれいに脱毛するコツ

電動毛抜きできれいに脱毛するコツ

脱毛後の脚

電動毛抜きの特徴

電動毛抜きは回転式のローラーが毛を巻き込みなら抜いていく仕組みの脱毛機器です。毛抜きというと1本1本抜いていくので時間も手間もかかって面倒ですが、電動式なら転がすだけでどんどん抜いていくことができるので、効率的にムダ毛を処理できます。

電動毛抜きは他の自己処理の方法と比べるとあまり一般的ではありませんが、毛抜きにこだわりをもつひとの中には愛用者も多くいます。

電動毛抜きの中で一番有名なのが、パナソニックのソイエです。電動毛抜きといえばソイエを指すといってもいいくらい知名度がありますし、人気です。電動毛抜きのランキングでも大抵1位です。

電動毛抜きで脱毛するメリット

電動毛抜きで脱毛するメリットは、一度抜いた毛はしばらくは生えてこないという点です。カミソリであれば、1週間に1度は処理が必要ですが、毛を抜くという方法であれば数週間は生えてきませんので、処理が楽になります。

また、ピンセットで1本1本抜く場合と比べても格段に効率的なので、時間をかけずに手早く毛を抜くことができます。

電動毛抜きで脱毛するデメリット

毛を全部抜いたつもりでも、抜いているのは毛乳頭の上の部分だけで、毛乳頭自体は残った状態になります。毛乳頭の上を無理やり引っこ抜いているのですから、毛を抜いているというよりは、毛を引きちぎるといったほうが正確です。

残された毛乳頭は傷ついた状態になりますし、その周辺組織も表面が剥がれた状態になるので、思いの外、ダメージが大きくなります。

すると、傷ついた毛穴が炎症を起こしたり、色素が沈着して黒ずんで見えたり、ひどいときには毛穴がぷっくりと赤く膨れ上がった状態になります。

こうなると、そこから修復するのは大変で、元通りになるまでにはかなりの年月が必要になってしまいます。

»脱毛による肌トラブルの原因と対処法

毛穴のダメージが大きい点はピンセットで抜いた時と同じですが、電動毛抜きの場合は、毛の流れに関係なく、ブチブチと抜いていくことになるので、ピンセットで抜くよりも痛いですし、毛穴のダメージもピンセットよりも起こりやすくなります。

電動毛抜きの使い方とコツ

電動毛抜き

1.蒸しタオルや入浴で事前準備

お風呂で使えるタイプの電動毛抜きであれば、お風呂の時についでに使うのがよいでしょう。湯船につかった後、お風呂から出る直前であれば、毛穴も開いて、毛が抜けやすくなっているので、少ない痛みで毛を抜くことができます。

入浴時以外で使う場合には蒸しタオルなどで蒸らすことで、同じような効果があります。

2.毛の長さは5mmにそろえる

電動毛抜きを上手に使うためには毛の長さを5mmていどにそろえることが一番大事です。

それよりも短すぎても長すぎてもうまく抜けません。シェーバーヘッドが付属している機器ならそれで刈り揃えます。それがめんどくさいというひとは、根本まで剃ってから2〜4日放置すればだいたい5mmくらいになっています。

3.アフターケアは殺菌をメインに

電動毛抜きで脱毛すると、毛穴が開いた状態になっているので、雑菌が入りやすくなります。雑菌が入ると、炎症を起こしたり、赤く膨れ上がったり、黒ずんで見えたりと、なにかと良くないことが起こります。

アフターケアでは、保湿よりも殺菌力のあるケア用品を使います。例えば、防腐剤の入っていない化粧水や、オロナイン、ワセリンなど、殺菌力のあるケア用品を使うようにしましょう。

なお、雑菌が入ってしまうので、毛抜き後の入浴や外出は極力避けるようにしましょう。毛抜き後に着る服も洗濯したての清潔な衣服を着るようにします。

シェアする

関連する記事