脱毛エンジェル > メンズの脱毛ガイド > 青髭の原因は?青くなるヒゲの直し方・解消方法をまとめて紹介!

青髭の原因は?青くなるヒゲの直し方・解消方法をまとめて紹介!

ひげを脱毛するか悩む男性

ヒゲで悩んでいる男性のほとんどは、キレイに気を付けて剃っても青髭が残ってしまい、気になっているのではないでしょうか。

青髭があると、せっかく剃ったのに実年齢よりも老けて見えたり、清潔感が無い印象に見られたり…周りからマイナスに見られてしまわないか不安になってしまいますよね。

この記事では、青髭になってしまう原因を説明したあと、青くなってしまうヒゲの直し方・解消方法を紹介していきます。

青髭って何?青髭になってしまう原因は?

ヒゲを剃ったあとに、剃り跡が青くなってしまう状態を「青髭」といいます。
肌色にも寄りますが、実際に青く見える場合もあります。

元々ヒゲが薄い人・毛が細い人は剃ってもあまり跡が目立ちませんが、剛毛な人や毛が太い人・毛量が多い人は、青髭になりやすいと言えます。

ヒゲを剃ったのに青髭になってしまう原因には、次のような理由が挙げられます。

  • 髭を剃った後の毛の断面が太いため
  • 皮膚が薄く、毛が透けるため

もともと毛は毛根が太く、毛先は細い逆三角形のような形をしています。しかしカミソリやシェーバーなどで毛先をカットすると、断面が平たくなり、カットした面積の広い断面が露出します。その結果、目立ってしまうのです。

また、顔は皮膚が薄いため、もし深剃りできたとしても、皮膚の中に残っているヒゲが透けて青髭に見えてしまいます。

では、どうしたら青髭を解消できるのでしょうか。

青髭になる人の特徴や原因は?

青髭に悩む男性

青いヒゲになりやすい男性の特徴をまとめると、次のようになります。

  • 男性ホルモンが多い
  • 髭の処理を間違って行っている
  • 肌が色白で、青髭が目立ちやすい

男性ホルモンが多い

男性ホルモンは、男性が生きていく上で必要不可欠なホルモンですが、増えすぎると体毛やヒゲなどが濃くなる原因となります。

ストレスや生活習慣などの乱れにより、男性ホルモンが過剰に多くなると、ムダ毛やヒゲが太く濃くなることがあります。

髭の処理を間違って行っている

毎日処理が必要なヒゲですが、間違った処理を長年続けると、逆にヒゲが濃くなってしまうことがあります。

人間の肌は刺激を受けると「肌を守らなければ」という指令が働き、逆に防御反応で毛を太く濃くしようと働いてしまうことがあるのです。

正しい処理方法を身に付ける必要があります。

肌が色白で、青髭が目立ちやすい

青髭が目立ちやすいのは、肌が色白だからという理由もあります。「肌の白」と「髭の黒」のコントラストがある分、青髭が目立ちやすいのです。

青髭の治し方や対処方法はある?

ヒゲを脱毛したい男性

どうしても青髭になりやすい男性もいます。しかし、しっかりと治していくことで、青髭は目立たなくすることができます。

ここでは、4つの方法を説明していきます。

男性ホルモンを抑えるような生活習慣を心がける

男性ホルモンは、男性の肉体を作り、闘争心や向上心を上げる、男性に必要不可欠なホルモンです。しかし男性ホルモンが多くなりすぎると、体毛やヒゲを生やしたり、太く濃くしたりする作用が多く働いてしまうと言われています。

男性である以上、男性ホルモンの分泌は避けられないものですが、何らかの原因で男性ホルモンが過剰に分泌されてしまうこともあります。

青髭を目立たなくさせるためには、男性ホルモンを抑えるような生活習慣を心がけることが大切です。

具体的には、次のようなことに注意しましょう。

  • 肉やジャンクフードなどの食生活を改める
  • 野菜・果物をしっかり採り、バランスの取れた食生活にする
  • 過剰な性行為(自慰含む)を控える
  • 過剰な運動や筋肉トレーニングを控える
  • お酒を摂取しすぎないようにする
  • 質の良い睡眠をとる
  • ストレスを貯めないようにする

正しい髭の剃り方を身に付ける

カミソリなどで髭を剃るときに、正しいシェービング方法を行わないと、肌を傷つけ、余計にヒゲが太く濃くなってしまうことがあります。肌が刺激されると防御反応が起こり、刺激された場所をより強固にしようと毛を濃くしようという作用が働くからです。

髭を剃るときには、次のようなことに気を付けましょう。

  1. 肌をぬるま湯で濡らす
  2. シェービング剤で髭を柔らかくする
  3. 生えている方向に軽く滑らせて剃る
  4. アフターシェービングローションなどでしっかり保湿
  5. カミソリのお手入れも忘れずに

肌をできるだけケアするために、シェービング剤や石鹸などで滑りやすく摩擦を少なくしてから剃るのがポイントです。また、剃った後は肌が刺激を受けて乾燥するので、保湿を忘れずに行いましょう。

朝起きた直後ではなく、起きて15~20分ほどして、皮膚が通常通りの張りに戻ってから髭剃りするのが、オススメのタイミングです。

コンシーラーで青髭を隠す

根本的な解決方法ではありませんが、男性用のコンシーラーで青髭を隠すという裏技もあります。

コンシーラーとは、ニキビ跡やシミを隠すための化粧品。最近では男性向けの商品も出ていて、男性の肌に合う色のバリエーションから探すことができます。

リップスティックタイプやクリームタイプのコンシーラーを顔に塗り、違和感が出ないように伸ばしていくだけ。値段も1,500円程度なので、自分に合うコンシーラーを探してみましょう。

脱毛サロン・医療クリニックで脱毛する

青髭に本気で悩んでいるという方には、この方法が一番根本的な解決になるのでオススメです。

男性ホルモンを減らして、正しい髭剃りの仕方を身に付けても、毎日毎日髭剃りをしなければならない事実は変わりません。しかし、脱毛サロンや医療クリニックで脱毛すれば、毎日のシェービングがかなり楽になります。

ツルツル肌になるには何度も通う必要があり、時間や費用もかかりますが、一度脱毛してしまえば、毛根から毛がなくなるので、毎日のシェービングが必要なくなります。

まとめ

青髭になってしまう原因は、男性ホルモンの増加や、正しい髭剃りができていないこと、そして色白であることなどが挙げられます。

男性ホルモンを抑えたり、肌に刺激の少ない髭剃り方法を身に付けたりすることで、青髭を治すことは可能です。しかし根本的にヒゲを無くしたいという方は、医療クリニックなどで脱毛してしまうという方法も考えてみましょう。

この頃はメンズ脱毛クリニックが増え、ヒゲの脱毛料金も以前より下がってきています。毎日ヒゲを剃り続ける苦労と費用を考えたら、金銭的にも脱毛の方が安く済むかも知れませんよ。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン