脱毛エンジェル > 美容機器のレビュー > 脱毛経験者がケノンを実際に使ってみた体験談をレビュー

脱毛経験者がケノンを実際に使ってみた体験談をレビュー

家庭用脱毛器として人気のケノン。どうやって使うのか、使い勝手はいいのかなど、気になりますよね。今回は、ケノンを実際に使用してみた感想をご紹介します。これから購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

そもそも家庭用脱毛器・ケノンってなに?

ケノンとは、脚、腕、ワキなど全身のムダ毛ケアがおうちでできる家庭用脱毛器です。

光を照射させることによって、毛根を刺激し、毛の発育を遅らせる効果があります。エステ並みの脱毛効果があり、自宅で好きなときに手軽に脱毛することができるので、女性だけでなく、男性にも愛用者が多いことで知られています。

ケノンの良いところ1:自分のペースで脱毛でき、短時間で終了する

脱毛サロンに通うとなると、毎回予約を取って通うことになり、サロンによっては予約の取りづらさがネックに感じられることがあります。

一方、ケノンは自宅で脱毛することができるので、忙しい方でも自分のペースで好きなだけ脱毛できます。そのため、予約の取りづらいサロンに通うより、早く脱毛が終了するというメリットがあります。

ケノンの良いところ2:カートリッジが大きく、種類が豊富

ケノンの魅力は、カートリッジの大きさです。従来の家庭用脱毛器は、照射面積が狭く、一度に脱毛できる範囲が限られていました。

しかし、ケノンの標準カートリッジは使い勝手のいい7.00cm²。従来の家庭用脱毛器より、照射面積が大きいことで、短時間で脱毛が完了します。

また、ケノンにつけるカートリッジには、種類がたくさんあります。脱毛ラージ、脱毛エクストララージ、脱毛ストロング、美顔スキンケアの4種類です。標準付属が脱毛ラージで、これより大きいサイズが脱毛エクストララージです。腕や脚など、広範囲の部位を照射したいときは、サイズの大きい脱毛エクストララージが役立ちます。

脱毛ストロングは照射威力の強いカートリッジなので、ワキなど剛毛を処理したいときに向いています。美顔カートリッジは脱毛ではなく、美肌効果のあるカートリッジです。カートリッジを付け替えるだけで、エステ級美顔器に変身し、スキンケアまで可能になるのです。

ケノンの基本的な使い方

ここからは、ケノンの基本的な使い方についてご説明します。

1.前日までに自己処理しておく

かみそりで自己処理する女性

ケノンで脱毛をする1日前に、カミソリや電気シェーバーで毛を剃っておきます。毛の毛根に働きかけるため、長い毛や余分な毛は剃っておいたほうが効果が出やすいそうです。

2.脱毛前は何もつけないほうがいい

脱毛前は、ローションやクリームなどを塗っておくのはNGです。カミソリを使用する前は、滑りをよくするために、ローションなどをつける方が多いかもしれませんが、ケノンの場合は脱毛効果が薄れたり、肌荒れを起こす可能性があるそうです。そのため、何もつけていない肌に照射します。

3.ケノンの準備

カートリッジを装着し、本体の電源を入れます。照射レベルを1から10段階の中から選びます。レベルを選択したとき、ディスプレイ画面にあと何回照射できるのか、残回数が表示されます。

ショット回数については、シングルショット(1連射)、トリプルショット(3連射)、セクスダブルショット(6連射)から選択できます。連射回数が多いほど多くのエネルギーを消耗しますが、痛みは軽減されるそうです。

4.ケノンで脱毛開始

ケノンで照射したとき、とてもまぶしい光が出ます。うっかり光を見てしまうと、かなりまぶしいです。脚や腕など、顔から離れた場所を脱毛するときでも、目を保護するために、付属のサングラスを使用したほうがいいです。

サングラスをかけたら早速脱毛の開始です。

1.照射したい部分に保冷剤をあて、冷却します。
2.照射口を冷却した部分にあてて、ボタンを押すとフラッシュが光ります。
3.照射した部分に、再度保冷剤をあてて冷却します。

1~3を繰り返しながら、脱毛していきます。肌に負担がかからないよう、照射した部位が重なることがないよう、肌の上で少しずつ照射口を動かしながら使うことがポイントです。

実際に使ってみた感想と効果

痛みについて

照射レベルを1~10段階まで選べるということで、最初は一番低いレベル1から使用してみました。照射前に十分冷却しておいたので、痛みも温かさも感じませんでした。

次はレベルを引き上げて、レベル5で照射してみましたが、ここでもまだ痛みを感じません。

レベル5で脚を一通り脱毛してみたら、冷却処置の甘かった部位については、ちょっと熱いと感じました。照射前後の冷却をしっかり行っておけば、とくに痛みを感じることはありませんでしたが、冷却をしていないと痛みが出ます。

照射レベルを上げるほど、痛みや熱さを感じやすいので、使い始めは低いレベルから使用していくのがおすすめです。

もっと早く効果を出したいという場合に、1段階ずつレベルを引き上げていきましょう。ちなみに、レベルを引き上げたほうが、毛が焼け焦げたようなニオイがしました。毛の量や毛質によって差はあると思いますが、レベルを引き上げたほうが効果が早く表れそうですね。

使いやすさについて

操作自体は簡単で分かりやすいです。カートリッジを装着して電源を入れ、ボタンが少ないのでレベル操作が簡単にできます。照射するときは、ハンドル上部にあるボタンを押すだけです。一度照射した後、パワーチャージに若干時間がかかります。

レベルを引き上げれば引き上げるほど、パワーチャージに時間がかかるのですが、ほんの数秒なので、気になりません。パワーチャージしている間、冷却処置をしているので、とくにストレスを感じることなく、どんどん照射することができます。

効果について

脱毛前に行うカミソリや電気シェーバーでの処理が甘く、ムダ毛が残っている箇所があったのですが、そこに照射してみると、毛が縮れて焼け焦げたようになりました。

きっちり剃っておいた箇所は、1回の照射ではとくに何も変化していないように見えますが、毛が残っていた箇所は、焼け焦げたことが分かります。

ぱっと見は特に変化が内容に見えるのですが、目には見えなくても、きちんと脱毛されているということが確認できました。

ただ、毛根に作用しないと意味がないので、毛が残ったまま照射しても効果が薄いようです。脱毛するときは、きちんと剃ってから行うことがおすすめです。

使用頻度について

脱毛するときは、毛の成長周期に合わせて行うことが大切です。毛は、成長期、縮小期、休止期の3つのサイクルを繰り返し、成長期にある毛が、表面に生えている毛だそうです。

照射するときは、成長期にある毛に作用し、縮小期と休止気にある毛は成長期になるのを待ってから照射することで脱毛効果が表れます。毛の成長周期に合わせるために、一度照射したら2週間間隔をあけるのがベストです。そして、脱毛効果が実感できるまで、最低でも4~5回照射する必要があります。

脱毛が終了する目安期間としては、個人差がありますがおおよそ半年ほどです。細くて柔らかい毛だと、これより早く終了しますが、剛毛の場合は半年~1年ほどかかる場合があります。

美顔器使用について

美顔カートリッジに付け替えて照射するときも、通常の脱毛を同じように使用します。同じようにレベルを決め、保冷剤で冷却してから照射します。使用した後も冷却し、一度照射した部位を重ならないよう、場所を変えながら照射していきます。これについては、スキンケアなので1回の照射でも効果が分かりにくく、継続して使用する必要があります。使用は1週間に1回程度なので、使用するうちにすべすべになっていくことを願いましょう。

まとめ

ケノンは1回の照射では効果が分かりにくいものの、残っていた毛の状態から脱毛効果は十分に確認できました。継続して使っていくことで効果が出てくるのだと思います。

ケノンの料金は税込で6万9990円するので、美容機器としてはちょっとお高めです。でも、脱毛サロンで全身脱毛をしようとすれば総額で20〜30万円するので、全身脱毛をする前提であれば、お得であるのは間違いないと私は思ってます。

それに何よりケノンのほうが早く脱毛が完了するので、その点でもメリットはあると思います。

公式サイトにはさらに詳細な情報が書かれているので、ケノンに興味がある人はそちらものぞいてみてください。

»公式サイトでケノンの詳細をチェックする

シェアする

関連する記事