脱毛エンジェル > 脱毛後の黒ずみの原因と解消法 > 脇の黒ずみの原因と解消法

脇の黒ずみの原因と解消法

夏場、ノースリーブを着た時にちらりと見えてしまう脇の下。キレイに無駄毛処理をしている方は多いですが、脇の黒ずみのケアの仕方ってあまり知られてないですよね。そこで今回は、脇の黒ずみの原因とその解消方法についてご紹介いたします。

img_423

脇の下が黒ずむ原因

どうして、脇の下は黒ずみができやすいのでしょうか?

主な原因はメラニン色素の沈着、もうひとつは皮脂や古い角質の汚れによるものです。メラニンの沈着は、お肌の刺激により、皮膚の一番下の基底層にあるメラノサイトから過剰に分泌されたメラニンが表皮に沈着して起こります。お肌は刺激を感じると、肌を守ろうとメラニンを生成する防御作用があるのです。

脇の下の皮膚は特に皮膚が薄いため、衣類による摩擦やカミソリなどにより脱毛処理により刺激を受け、色素が沈着してしまうのです。

カミソリによる脱毛処理の後の保湿が足りていなかったり、黒ずみを取ろうとゴシゴシこすってしまうと、デリケートな皮膚が傷つき炎症を起こしてしまいます。

また、くすみ型と違って、ブツブツ型の黒ずみの原因は毛抜きによる脱毛自己処理です。脇の毛は腕や足などに比べて深く、また脇の皮膚は薄いため、毛抜きで毛を引き抜くことにより肌が炎症し、色素沈着を起こします。また、何度も毛を抜いていると、埋もれ毛が発生しブツブツとしたものが目立つ状態になってしまうのです。

脇の黒ずみを防ぐ方法

予防法1.脱毛の際は刺激を与えないように気をつける

脇の毛をカミソリなどで剃る場合は、できるだけ刺激しないよう気をつけましょう。あまり安いカミソリは刃が荒く、肌を傷つけやすいのでオススメしません。脱毛する際は、石鹸をしっかり泡立てるか、シェービングクリームなどを塗って肌を保護しましょう。また肌のブツブツ型の黒ずみを予防するためにもできるだけピンセットで引き抜くことは避けてください。

予防法2.洋服や下着は摩擦しにくいものを選ぶ

脇の下の黒ずみは肌の摩擦によって起こります。洋服や下着を選ぶ際は、なるべくお肌に優しい素材のものを選んでください。

脇の下の黒ずみ解消法

ワキの脱毛が完了した女の子

解消法1:ゴシゴシと洗わない

黒ずんでいるのは汚れのせいだと思い、スクラブなどでゴシゴシ洗ってしまう方がいますがこれは逆効果です。肌が擦れてしまうと余計に黒ずみを作ってしまいます。洗う時は石鹸をよく泡立てて、泡で洗う感覚で洗うと良いですよ!

解消法2:しっかり保湿する

フェイシャルケアはしっかりしているけれど、脇の下まで化粧水を塗っている方は少ないことでしょう。しかし、脇の下の皮膚は薄く、乾燥しやすいため外部からの刺激を受けやすくなっています。特にカミソリなどで自己処理した後は炎症を起こしやすくなっているので、フェイシャルと同じように化粧水やクリームなどで保湿してあげることを意識してください。

解消法3:重曹でパック

お家でお手軽にできる黒ずみ解消方法に「重曹パック」があります。方法はいたって簡単で、重曹に水を混ぜてペースト状にしたと、脇の下に塗って10分ほど置いて洗い流すだけです。だいたいスプーン1杯分の重曹に対してお水スプーン3杯ぐらいが目安です。

解消法4:黒ずみ専用の対策クリーム

脇の黒ずみに悩む人は多いので、専用の対策クリームも数多く販売されています。その中でもアットベリーは口コミでも人気が高く、多くの人が効果を実感しているケア用品です。

アットベリー

アットベリーはノンパラベン・無鉱物油・合成着色料無添加・アルコール無添加で、敏感肌の方や、ニキビ肌の方でも安心してお使いいただけるジェルクリームです。

18種類もの美容成分が入っているため、美白や保湿、抗菌にも効果があり、気になる黒ずみや乾燥肌を改善します。脇の下だけでなく、肘や膝、手首、足首、背中や顔など全身どこでもお使いいただけます。

また、桑エキスとビタミンE配合で雑菌の繁殖も防ぎ、脇の下の気になるニオイ対策にもバッチリです。

»アットベリーの詳しいレビューはこちら

まとめ

脇の下の黒ずみで諦めていた方も、生活習慣に気を付けて、プラス、ケアクリームなどでお手入れしていけば黒ずみを改善していくことができますよ。
脇の下は特にデリケートな皮膚なので、日頃から下着や外部の刺激を与えないようケアしていくことが大切です。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン