脱毛エンジェル > 毛深い女性悩みの解消法 > 遺伝?環境?女性なのに毛深い原因4つ

遺伝?環境?女性なのに毛深い原因4つ

女性の中には「毛深いことがコンプレックス」という人が意外と少なくありません。毛深いと、剃ってもすぐに毛が目立ってきてしまいますし、抜くのも大変です。どうして女性なのに毛が濃くなってしまうことがあるのでしょうか?

実は、女性なのに毛深くなってしまう原因には大きく4つの原因が考えられます。ここでは、その原因を1つずつ解説したいと思います。

毛深い原因を考える女性

遺伝的な原因による

多くの場合、両親のどちらか、もしくは両方が毛深いと子どもも毛深くなってしまうことがあります。「両親は毛深くないんだけど・・・」という人は、親戚に毛深い人はいますか?もし、親戚に毛深い人がいる場合は、やはりそれを受け継いでしまっていることがあります。

ですから、女性でも毛深くなってしまう原因としてまず考えられるのは、遺伝性のものであるということです。

ホルモンバランスの乱れによるもの

ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンの量が多くなってしまうと、それが毛深くなる原因になってしまいます。「え?でも、男性ホルモンって男性だけにあるものじゃないの?」という声が聞こえてきそうですね。

実は、男性ホルモンは男性だけでなく女性にも分泌されているんです。ただ、女性の場合は男性ホルモンの量が少ないので、通常はヒゲが生えたりということはありません。しかし、この男性ホルモンがなんらかの原因で増えてしまうと、女性でも体毛が濃くなってしまうんです。

ホルモンバランスが乱れてしまう原因としては、喫煙や睡眠不足、ストレスなどがあります。また、食生活の乱れも原因となりますから、無理なダイエットをしている人は要注意です。もし、思い当たる点があれば、ホルモンバランスの乱れによって毛が濃くなってしまっているのかもしれません。

外からの刺激によるもの

「外からの刺激」も毛が濃くなる原因になります。

例えば、真夏に紫外線をガンガン浴びてしまうと、肌を守ろうとして毛が濃くなってしまうということがあります。また、入浴時に肌をナイロンタオルなどでゴシゴシと洗ってしまうと、その刺激から肌を守るために毛が濃くなってしまうことがあります。

多毛症によるもの

『多毛症』は毛が濃くなる病気です。ホルモンが関係していますが、ホルモンバランスの乱れというよりも、ホルモンに異常が起きることが原因です。

もともとは細くて目立たない毛だったのに、急激に毛が濃くなったという場合は、多毛症である可能性が考えられます。毛が男性のヒゲのように太く硬くなってしまう場合もそうです。病院で血液検査を受けると、多毛症であるかどうかは分かるので、もし心配な人は皮膚科もしくは婦人科を受診してみるといいでしょう。

シェアする

関連する記事