脱毛エンジェル > 毛深い女性悩みの解消法 > 毛深い女性が自己処理で脱毛するときのコツ

毛深い女性が自己処理で脱毛するときのコツ

最近は、脱毛サロンで安く脱毛することができるので、毛深くてもムダ毛の悩みを解消することができますよね。しかし、なかには毛深いのは気になるけど、脱毛サロンや脱毛クリニックでのお手入れはちょっと気が引けるという人もいると思います。

そんな人のために、ここでは毛深い女性がムダ毛を自己処理するときのコツについて解説していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

かみそりで自己処理する女性

自己処理で脱毛する場合は、脱毛器がオススメ

毛深い女性が自己処理で脱毛したいという場合は、家庭用の脱毛器を使うのがオススメです。家庭用の脱毛器の中でも『光脱毛器』とか『レーザー式脱毛器』という種類のものを選んでください。

脱毛器でも他の種類のものは、痛みが激しかったり、お手入れを繰り返し続けていく必要があったり、満足のいく仕上がりが得られなかったりすることがあります。なので、満足のいく仕上がりを目指すなら、光脱毛器やレーザー式脱毛器を選ぶのがオススメですよ。

脱毛器を使って脱毛する時のコツ

毛深い女性が家庭用の脱毛器を使って自己処理する場合のコツをお知らせしましょう。

まず、脱毛器で脱毛する前には、ムダ毛をあらかじめ剃っておく必要があります。ですから、脱毛を行う前日、もしくは2日前にシェーバーで毛を剃っておきましょう。

それから、脱毛器で実際にお手入れする場合は、痛みを軽減させるために照射する部分を保冷剤などで直前に冷やしておくことがオススメです。毛深いと毛の量が多いので、通常よりも痛みを感じやすくなる場合があります。ですから、あらかじめ施術部分を冷やしておくと痛みを感じにくくなるのでオススメですよ。

また、照射する時ですが、まんべんなく照射することが大切です。毛深い人は、どうしても毛穴が多いのでまばらに照射しがちなのですが、まばらに照射してしまうと、脱毛効果が思うように実感できません。ですから、始点を決めてそこからひとつの方向に向けて脱毛器をすべらせるように移動させながら、まんべんなく照射を行なうのがコツです。

そして、お手入れ期間については、毛深い人の場合は脱毛器のメーカーが推奨する使用頻度を守るのがオススメです。大抵の脱毛器は2週間に1回程度の頻度でのお手入れを勧めていますから、その頻度でお手入れを行うようにすると効果が出やすくなるはずです。

シェアする

関連する記事