脱毛エンジェル > 家庭用脱毛器の基本知識 > 本当に安全?脱毛器の安全性とトラブルについて紹介

本当に安全?脱毛器の安全性とトラブルについて紹介

家にいながら脱毛エステ並みの脱毛ができると人気の家庭用脱毛器。数ある脱毛器の中でも光タイプとレーザータイプの脱毛器が満足度の高い仕上がりになると人気です。しかし、光タイプとレーザータイプの脱毛器は、どちらも高熱によってムダ毛を処理する方法なので安全性が心配という人も少なくないようです。

ここでは、脱毛器は本当に安全なのかという点についてお話したいと思います。

脱毛器の安全性について悩む女性

脱毛器は家庭で安全に使えるように設計されている

光脱毛器は脱毛サロンで、そして、レーザー脱毛器は脱毛クリニックで使用されていますが、家庭用の脱毛器の場合は安全に使えるように出力レベルを低めに設定してつくられています。出力レベルとは、簡単にいうと脱毛器のパワーです。家庭用の脱毛器でのムダ毛のお手入れは「やけどしないか心配」という人も少なくないと思いますが、パワーは低めに設定されていますから、正しい方法で脱毛すれば安全面では特に問題なく使用することができます。

「やけど」や「肌の赤み」などのトラブルは、実際には脱毛クリニックや脱毛サロンでも起きています。出力レベルが高すぎることがやけどや肌の赤みの原因となります。ですから、家庭での脱毛であるかどうかに関わりなく、脱毛時の出力レベルは高すぎないように注意することが必要だということが分かります。

間違った使用方法はトラブルの元に!

家庭用の脱毛器が安全面で問題ないようにつくられているといっても、間違った使用方法で脱毛を行うと、トラブルが起きかねません。

例えば、脱毛器でやることがNGとされている目の周辺やデリケートゾーン(IラインやOライン)の脱毛をやると、それがやけどや他のトラブルの原因となってしまいます。また、目を保護するために保護用のゴーグルをかけることはマストですが、それを怠ってしまうと目にダメージを与える可能性があります。

ですから、いくら脱毛器の安全性に問題がないといっても、正しい方法で使用しないとトラブルの原因となりますから気をつけましょう。

部位によってはプロに任せるのがオススメ!1

脱毛サロンで人気の脱毛部位にVIOラインの脱毛があります。Vラインは自分でも見える範囲なので、家庭用の脱毛器でも十分にお手入れできるのですが、IラインとOラインはちょっと難しいですよね。

そのため、家庭用の脱毛器では、Vラインの脱毛はできてもIラインとOラインはNGとなっています。ですから、IラインやOラインを脱毛したいという人は脱毛サロンなどに行ってプロにお任せするのがオススメです。無理に自分でやろうとするのは危険なので、注意してくださいね。

シェアする

関連する記事