脱毛エンジェル > 家庭用脱毛器の基本知識 > 家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いとは?金額・期間・メリットなどを徹底解説

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いとは?金額・期間・メリットなどを徹底解説

脱毛している女性

今年こそは脱毛したいと考えている方の中には、脱毛サロンに通うか、家庭用の脱毛器を買って自己処理するか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

ここでは、家庭用脱毛器と脱毛サロンの違いについて、それぞれのメリットやデメリット、費用はどのくらいかかるのか、完了するまでの期間などを詳しく解説していきます。

どちらが向いているのかは、どこまで脱毛したいと思っているかによって変わります。あなたはどちらに向いているのか、この記事を読んで確かめてみてください。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの違い

家庭用脱毛器と脱毛サロンを比較する前に、それぞれについての特徴とメリット・デメリットをお伝えしていきます。

家庭用脱毛器の特徴と、メリット・デメリット

ケノン

エステやサロンで脱毛するよりも手軽に全身脱毛できると評判なのが、家庭用脱毛器です。代表的な家庭用脱毛器としては、アローエイト株式会社が販売している脱毛器ケノンが有名です。

→ 脱毛経験者がケノンの体験談はこちら

家庭用脱毛器は、一般的な脱毛サロンと同じ光脱毛(フラッシュ脱毛)を採用しています。サロンやエステに通わなくても自分で脱毛したいときに脱毛できるのが人気なんです。

<メリット>
・サロンに通う時間がなくても自己処理できる
・恥ずかしくない

メリットは何といっても自己処理できること。忙しくてサロンに通う暇がない方や、サロンのスタッフに処理してもらうのが恥ずかしいという方でも、自分のタイミングで好きなだけ脱毛処理を行うことができます。

<デメリット>
・出力が弱く思い通りの効果を得られない場合がある
・やけどの危険性がある
・手が届きにくい場所を処理しづらい

デメリットとしては、出力がサロンのマシンよりは弱いため、思い通りの効果が得られないことがある、ということ。そして、サロンスタッフのように熟練した施術技術がないのでやけどなどが起こってしまう可能性があること。

手が届きにくい場所の脱毛がしにくいというのもデメリットです。例えば背中やOライン、太ももの裏などですね。

脱毛サロンの特徴と、メリット・デメリット

次に、脱毛サロンの特徴とメリット・デメリットを解説していきます。
脱毛サロンは、光脱毛(フラッシュ脱毛)を使ってムダ毛を処理してくれるサロンです。

<メリット>
・経験豊富なスタッフが施術してくれる
・手が届かない部分も施術可能
・脱毛機よりも効果が高く、永久脱毛に近い状態まで持っていける

脱毛サロンは経験を積んだ専属スタッフが施術してくれるので、施術を受ける側は何も考えずに寝ていればOK。サロン側が脱毛サイクルを考えてくれたり、効率的に脱毛を進めてくれます。また、脱毛器で自己処理するときには手が届きづらい部分の脱毛も可能。

同じ光脱毛でもサロンの方が効果が高いので、何度も通えば永久脱毛に近い状態まで持っていけるのも大きなメリットです。

<デメリット>
・忙しい人は通いづらい
・予約が取りづらいことがある
・デリケートゾーンなどを見られるのが恥ずかしい

サロンのデメリットとしては、何度も通わなければいけないことが挙げられます。勉強や仕事が忙しくてなかなかサロンに通うことができない方や、近場にサロンがなくてわざわざ遠くに通わなければならない方は、定期的に脱毛サロンに通うのが難しいでしょう。

家庭用脱毛器と脱毛サロンの金額と期間を比較

脱毛器とサロンの金額を比べてみよう

脱毛を検討する女性

家庭用脱毛器で脱毛する場合と、脱毛サロンに通う場合、どちらが金額がかかると思いますか?普通に考えたら、「家庭脱毛器の方が安いでしょう」と思いますよね。

ところが、実はそうでもないんです。

<家庭用脱毛器の価格>
本体7万円程度+消耗品

家庭用脱毛器の本体は、1万円~10万円程度。脱毛サロンと同じぐらいの効果を求めるなら、最低でも7万円以上の脱毛器を購入する必要があります。

そして意外とかかるのが消耗品。脱毛機によって必要な消耗品は違いますが、専用ジェルや照射カートリッジなどを追加購入する必要がある場合があります。

<脱毛サロンの価格>
・ワキ脱毛なら500円以下
・VIO脱毛完了なら5万円程度
・全身脱毛の場合、20万円~

脱毛サロンの場合は、脱毛箇所や回数によりだいぶ価格に幅があります。もしワキ脱毛だけしたいならば、各サロンのキャンペーンを適用すればワンコイン以下でワキ脱毛完了できるプランがあります。

全身脱毛の場合はさすがにまとまったお金が必要になりますが、自己処理とは違って脱毛範囲も広く、寝ていれば脱毛が終わるというラクさもあります。

脱毛器とサロンの脱毛期間を比べてみよう

家庭用脱毛器は手軽に脱毛できるのがメリットですが、サロン脱毛と比べると1回の照射範囲が狭く、照射レベルも低いのが難点。

その分、サロンよりも脱毛期間がとても長くかかる傾向にあります。

全身脱毛にかかる期間
・脱毛サロン:2~3年程度
・家庭用脱毛器:継続が必要(最低でも3年以上)

あくまで家庭用の機械なので、本体はスリムで一度に照射できる面積が狭いため、全身に照射を当てるためには数時間照射を当て続けなければなりません。さらに照射レベルもサロンよりも低いため、効果が現れ始めるまでにかなり時間がかかります

効果的に脱毛するためには毛の生え変わりサイクルである「毛周期」に合わせて施術する必要があります。脱毛サロンの場合は熟練スタッフが最適なサイクルを提案してくれますが、家庭用脱毛器の場合は自分で毛周期を考えなければならず、なかなか効率的に脱毛を進めるのが難しいと言われています。

よって、脱毛サロンよりも家庭用脱毛器のほうが脱毛期間はだいぶ長くかかると言えます。

どんな人が向いている?

家庭用脱毛器と脱毛サロン、それぞれどんな人が向いているのかをまとめました。

家庭用脱毛器が向いている人は
・サロンに通うのが難しい人
・近くにサロンがない人
・サロンに通うのが面倒な人
脱毛サロンが向いている人は
・脱毛を計画的に早く終わらせたい人
・サロンに定期的に通える人
・自分で脱毛するのが面倒な人

子育て中のママや仕事が忙しくて時間が取れない人、近くにサロンがない人は、家庭用脱毛器で処理するのがオススメな人です。

一方で、明確な目標を持って脱毛したい人には、脱毛サロンをオススメします。やはり自己処理よりもプロの手による脱毛のほうが安全で効果もあります。

まとめ

家庭用脱毛器と脱毛サロンの特徴、メリットとデメリットなどを紹介してきました。

トータルで見た金額や手間を考えると、特別な事情がない限りは脱毛サロンの方がオススメと言わざるを得ません。しかしサロンに通えない事情がある場合などは、気軽に自分の好きなタイミングで脱毛できる家庭用脱毛器を使うのも良いのではないでしょうか。

最も選ばれている家庭用脱毛器は、ケノンという脱毛器です。脱毛エンジェルでも実際に使った体験談を更新しているので、ぜひそちらの記事もご覧になってください。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン