脱毛エンジェル > 初めてのひと必見!脱毛サロンに行くなら知っておきたいこと > 予防接種前後の脱毛は注意が必要!その理由とは!?

予防接種前後の脱毛は注意が必要!その理由とは!?

予防接種の前後は「脱毛ができない!」ということをご存知でしょうか。ミュゼのホームページでは「予防接種の施術前後10日以内は施術が受けられない」ということが記載されています。

今回は、予防接種の前後に「脱毛ができない」理由について詳しく解説していきます。万が一、脱毛前後に予防接種をしてしまった場合や、脱毛後に知らずに予防接種をしてしまったときの対処法についてもまとめてみましたので、チェックしてみてくださいね。

脱毛前後の予防接種がダメな理由とは?

ミュゼの公式サイトにある「お手入れできない条件・注意事項」のページには、予防接種について以下のように記されています。

Qお手入れができない条件はありますか?

A健康状態が良好ではない場合や、肌トラブルをお持ちの場合はお手入れができません。お手入れ当日、以下に当てはまるものがある場合お手入れをお受けいただけませんので、ご注意ください。

・前後10日以内の予防接種

 引用元:ミュゼプラチナム

施術前後の10日間で、予防接種が禁止されているのにはちゃんとした理由があります。

インフルエンザなどの予防接種もそうですが、接種を行うときに「接種後は、微熱やけん怠感などの副作用が出ることがある」と記された注意事項の紙をもらいますよね。

予防接種を受けると、ごく少量ではありますが「ウイルス」が体内に入ってくることになります。そのときの体調や免疫力の状態では、微熱や倦怠感などの副作用が起こる可能性があり、いつもの健康な状態とは異なってきてしまうのです。

接種後の反応には個人差があるので全ての方に副作用がでるわけではありませんが、ウイルスが体に入ったことで、いつもとは違う健康状態であるということには変わりありません。

いつもとは違う健康状態で施術してしまうと、通常よりも肌トラブルが起きやすくなってしまったり、少しの刺激でも体調を崩してしまうなどの可能性も考えられます。そのため、ミュゼなどいくつかの脱毛サロンでは、予防接種前後の施術がお断りされているのです。

脱毛した後に予防接種がNGな理由は?


「脱毛したあとなら、予防接種を受けても良いのでは?」と思う方も多いのではないでしょうか。しかし、いくつかの脱毛サロンではトラブル防止のためにも、脱毛後の予防接種を禁止しています。

脱毛という行為は少なからず肌に刺激や負担を与えてしまうもの。ほとんどのサロンで採用されている光脱毛は、比較的お肌にやさしい脱毛方法とされてはいますが、肌ダメージが絶対に起こらないというわけではありません。

ウイルスが入った体ではいつもの健康状態とは異なるため、肌トラブルを招いたり体調不良に陥ってしまう可能性があります。このような可能性を少しでも防ぐためサロン側が安全に配慮した結果、接種したあとの脱毛が禁止されるようになったのです。

最近では、予防接種を受けたあとは、10日くらいは施術を避けた方が良いと定めているサロンがほとんど。もし、予約をしたあとに予防接種の予定が入ってしまったときは、予約を変更するかサロンに相談することをおすすめします。

脱毛する前に予防接種がNGな理由は?

脱毛した後の予防接種はもちろんですが、多くのサロンでは、脱毛前の予防接種もNGと定めているところが多いです。

これは、予防接種を受けることによって、肌がダメージを受けた状態になってしまうからなのですね。予防接種をしたあとは、注射したところにかゆみが出たり、赤く腫れあがったりした経験をお持ちの方も多いのではないでしょうか。

注射の傷や、かゆみ・腫れなどの炎症がある部分に脱毛をすると、肌トラブルを発生させる可能性があることから、脱毛前の予防接種は避けた方が良いとされているのです。

生理前後や体調が優れないときに施術を受ければ、かゆみや赤みなどの肌トラブルが起こるリスクが高まってしまうとされていますが、それは予防接種を受けたあとの体でも同じことが言えます。

トラブルや不安なく施術をするためにも、脱毛が予定されている10日前までは予防接種を避けた方が無難ですね。「予防接種の前後〇日は施術を避けた方が良い」という決まりについては各サロンで対応が異なります。

予防接種の予定がある方は「脱毛前後の〇日間が接種NGなのか」というルールについて、事前にサロンに確認しておきましょう。

脱毛前後に予防接種をしてしまったらどうする?

「予約していることを忘れて、予防接種を受けてしまった!」「脱毛した後に知らずに予防接種をしてしまった!」というとがあった場合、どう対処していけば良いのでしょうか。

もし、施術する前に接種してしまった場合は、接種日から10日以降に予約を変更するのがベストです。次に、予防接種を受けたあとにうっかり脱毛をしてしまった場合は、気づいたときでも良いのでサロンのスタッフさんに正直に申し出るようにしましょう。

脱毛サロンで使われている光脱毛は、毛根にあるメラニン色素に反応するように作られているので毛根までは光が届きますが、体の内部にまで影響を与えるものではないとされています。

実際、脱毛前後に予防接種をしても「問題なく施術できた」という方もいらっしゃるようです。しかし、万が一肌トラブルや体調不良が起きてしまった場合は、自己責任ということになってしまいます。

より安全に脱毛ができるように、接種前後の10日以内は施術ができないようサロン側でも決まりを設けていますので、もし脱毛した後にうっかり予防接種をしてしまった!ということがあった場合には、スタッフさんに伝えておくようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。予防接種前後の脱毛がお断りされている理由についてご紹介しました。今回は、ミュゼを例に挙げてご紹介しましたが、調べてみるとほとんどの脱毛サロンで予防接種前後の脱毛がNGとされているようです。サロンによっては「施術できない日数」がそれぞれ異なりますので、事前に確認しておくと安心ですね。

また、肌トラブルや不安なく脱毛するためにも、予防接種と施術日が重ならないように脱毛の予約をするなど工夫することも大切です。インフルエンザや打ち忘れた予防接種など、脱毛サロンに通いながら予防接種をする予定がある方は、特に注意するようにしておきましょう。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン