脱毛エンジェル > 初めてのひと必見!脱毛サロンに行くなら知っておきたいこと > 妊娠中の脱毛サロンはNG!その理由と休止や再開のタイミングを解説!

妊娠中の脱毛サロンはNG!その理由と休止や再開のタイミングを解説!

妊娠中だけど脱毛しようと考えている妊婦

妊娠中はサロンで脱毛ができないことをご存知でしょうか。妊娠する可能性のある女性はその理由を前もって把握しておき、妊娠したときのために心構えしておくことが大切です。

今回は、妊娠中の脱毛がNGな理由や、妊娠に気づかずにサロンに通ってしまった時の対処法について詳しく解説していきます。また、妊娠の休会制度や、再開のタイミングの目安なども参考にしてみてくださいね。

妊娠中に脱毛ができないのはなぜ?

妊娠中は、ほとんどのサロンで脱毛を施術することができなくなってしまいます。それはなぜでしょうか。

脱毛で使用されるフラッシュやレーザーは、基本的に赤ちゃんや子宮などに悪い影響を与えることはないとされています。しかし、妊娠している女性は「つわり」や「めまい」、眠気や頭痛などの体調不良を起こしやすく、脱毛することで母体に負担をかけてしまうことがあるのです。

妊娠中は、赤ちゃんのためにも心穏やかに安静に過ごすことが一番大切です。少しでも刺激や痛みがあるような行動はなるべく控えた方が良いですね。

では、妊娠中に脱毛がNGになる理由を詳しく見ていきましょう。

  • 妊娠中は肌に負担がかかりやすく、肌トラブルが起きやすい
  • 薬品の臭いでつわりを起しやすくなる
  • 妊娠中は脱毛の刺激や痛みに敏感になりやすい
  • ずっと同じ体勢で脱毛すると母体に負担がかかる
  • 妊娠中は毛が濃くなるため脱毛効果が半減する

妊娠中はホルモンバランスが大きく変化するため、お肌に負担がかかりやすく、赤みやかゆみ・肌荒れなどのトラブルが発生しやすい状態にあります。これらの肌トラブルをはじめ、つわり・体調不良を引き起こすリスクを防ぐためにも、妊娠中の脱毛がNGと言われているのです。

基本的に、妊娠中はサロンでもクリニックでもお手入れすることはできなくなってしまいます。妊娠によってホルモンバランスが変化すると、肌が敏感になって肌トラブルを起こしやすくなったり、痛みを感じやすくなったりすることがあるためです。

また、妊娠中は脱毛の効果が薄れたり、逆に体毛が太くなる「多毛症」になる可能性もあったりと、思うような効果を期待できない場合も。さらに、長い時間同じ体勢でいることで身体に負担をかけてしまう、つわりの影響でニオイなどに反応して気分が悪くなる、といったリスクも考えられます。

こういった理由から、多くのサロンやクリニックでは妊娠中のお手入れを断る方針をとっています。 引用元:ミュゼプラチナム

妊娠に気づかず通ってしまったけど赤ちゃんへの影響はない?

毛深いことで悩む女性

脱毛に通っている途中に妊娠していることに気づいた!というケースも良くあるそうです。そこで心配なのが、赤ちゃんへの影響ですよね。脱毛サロンの場合は、レーザーや光を当てているので、余計に心配になってしまう方も多いのではないでしょうか。

もし、妊娠に気づかず脱毛サロンで施術を受けたとしても、赤ちゃんには基本的には影響はないと考えていいので、あまり心配なさらないでください。

サロンで使われている光脱毛やレーザー脱毛は、毛根だけに反応するように作られているので、レントゲンのように体内にまで影響を及ぼすものではありません

ただし、妊娠中はつわりやめまいなどの体調不良や、肌トラブルが起きやすくなってしまいます。妊娠が分かったら、赤ちゃんのためにもなるべく早く施術をお休みするようにサロンへ連絡をしましょう。

妊娠が分かる前にお手入れを受けた場合もあわてる必要はありません。光脱毛やレーザー脱毛は、あくまで肌表面の黒い部分に働きかけるものであって、体内には影響を及ぼさないからです。当然、胎児に影響を及ぼすこともありません。 引用元:ミュゼプラチナム

妊娠の休会制度を利用しよう!

ほとんどの脱毛サロンでは、利用者が妊娠した場合にお休みができる「休会制度」が設けられています。通っている途中に妊娠が分かったら、この制度が適用されるように、なるべく早くサロンに報告を入れておきましょう。

脱毛サロンによっては、休会期間が数年で設定されているところや、無制限で休会できるところなど、お休みできる期間が異なることがあります。少しでも妊娠の可能性がある人は、休会制度の期間や注意事項などを、契約するときに前もって確認しておくと安心ですね。

中には、妊娠が分かった時点で「無条件」で契約を解除できるサロンもあります。契約を解除しても、また脱毛したいときに再契約を結べるシステムを組んでいるサロンもありますので、これらを考慮しながら自分にぴったりのサロン選びをしてみて下さいね。

すでに脱毛の予約が入っている場合は「キャンセル」する必要もあります。妊娠が分かったら、休会制度の確認も含めて電話でサロンに相談してみましょう。

いつから脱毛が再開できる?

では、妊娠・出産したあと、いつ頃から脱毛を再開することができるのでしょうか。

脱毛サロンによっても開始の時期は異なりますが、一般的には「授乳が終わって、生理が2~3回きたら再開できる」とされています。中には、生理が1回くれば再開できるというサロンもありますが、人によっては授乳中に生理が始まることもあるので「授乳の終了」をひとつの目安にすると良いでしょう。

では、出産後いつ頃から生理は再開されるのでしょうか。

  • ミルク育児は「産後2~4ヵ月頃」
  • 母乳育児は「産後6~10ヵ月頃」

8割ほどのお母さんは「産後8ヵ月頃」までには生理が始まると言われていますが、ミルク育児か母乳育児かによっても異なりますし、個人差もあります。産後はすぐに育児も始まるため、ホルモンバランスも体調も崩しやすい時期です。脱毛を再開される方の多くは「産後から1年以上」経過している場合がほとんど。

まずは体調面がしっかり回復し、授乳を終えて生理が安定してから「脱毛を再開」するようにしましょう。

妊娠したら脱毛はお休みしましょう!

いかがでしたでしょうか。妊娠中したら脱毛ができなくなる理由についてご紹介しました。脱毛サロンの光自体は、赤ちゃんやお母さんの体に影響を及ぼす心配はありませんが、妊娠したら赤ちゃんのためにも、脱毛をきちんとお休みしてあげて下さいね。

妊娠中は体調管理をいちばんに考え、身体も心も穏やかに過ごすことがとても大切です。産後にまた脱毛を再開できるように「休会制度」などの契約内容を前もって確認しておくなど、事前の準備はしっかりとしておきましょう!

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン