脱毛エンジェル > 初めてのひと必見!脱毛サロンに行くなら知っておきたいこと > 脱毛前の事前処理しないと損する!?事前処理が必要な理由と正しい処理方法

脱毛前の事前処理しないと損する!?事前処理が必要な理由と正しい処理方法

脱毛サロンやクリニックでは、施術を受ける前に自分でムダ毛の処理をしなければならないことをご存知でしょうか。「事前処理」をしておかないと、損してしまうことになりかねません! 施術前にシェービングサービスをしてくれるところもありますが、その対応はサロンによってさまざま。

自分で処理するとは言っても「どれぐらいやるべきなの?」「いつまでに処理すればいいの?」など、さまざまな疑問がありますよね。そこで今回は、事前処理が必要な理由と、正しい処理方法について詳しく解説いたします。

また、事前処理が不十分だった場合の追加料金の有無など、サロンの対応の違いについてもあわせてチェックしてみて下さいね。

脱毛前には事前処理を行うことが大前提!

ほとんどのサロンやクリニックでは「施術の前には自分で事前処理をしておく」ということが基本となっています。以前は、施術前にシェービングしてくれるところもありましたが、今ではほとんどの施設で、自分でシェービングをしておくようお願いされています。

ではなぜ、事前処理が必要なのでしょうか?

やけどのリスクや痛みを減らすため

サロンやクリニックで行われている光やレーザーは、黒い毛の「メラニン色素」だけに反応しながら照射される仕組みになっていて、毛根の細胞を破壊することで「脱毛」できるように作られています。

そのため、シェービングなどの事前処理をしておくことで、短くなったムダ毛と毛根だけにピンポイントで熱のダメージを与えることができ、光やレーザーを分散させずに脱毛できるようになります。

しかし、ムダ毛が伸びたままの状態で脱毛すると、長い毛に反応した光が「毛穴」以外にも熱ダメージを伝えてしまうことになり、やけどするリスクが高くなってしまうのです

熱ダメージをうける範囲が広くなると、いつもよりも強い痛みとなって感じてしまうこともあります。このように、やけどのリスクを防いで痛みを減らすためにも、脱毛前には「事前処理」が大前提とされているのですね。

スムーズに施術するため

事前処理していないと、脱毛する前にムダ毛の処理に時間がかかってしまうため、時間通りに施術が終わらないことがあります。脱毛のあとの予定に間に合わなくなってしまうこともあるので、スムーズに施術を終わらせるためにも事前処理しておいたほうが良いですね。

サロンやクリニックによっては「有料」でシェービングしてくれるところもあるので、事前処理が面倒くさい!という方は、このようなサービスを利用してみるのもひとつの手です。

なかには「無料」でシェービングを行ってくれるところもあるので、サロンやクリニックを選ぶときには「事前処理してもらえるか?」「有料or無料か?」という点も、あわせてチェックしておくと良いでしょう。

もし事前処理が不十分だったらどうなるの?

自分でシェービングはしてみたものの剃り残しがあったり、そもそも事前処理を忘れてしまった場合、その日の施術ができなくなったり、シェービングするための「別料金」を1,500円ほど支払わなければならないことがあるので注意が必要です。

刃物であるシェーバーを使って事前処理することは医療法的に「グレーゾーン」なので、禁止しているところもあります。安全面を優先させるためにも、肌トラブルなどの危険が伴うシェービングはなるべく避けたいというのがお店側の本音。

先にも述べたように、剃り残しがあっても無料でシェービングしてくれたり、少々割高にはなりますがプランの中に事前処理が含まれているところもあります。剃り残しや剃り忘れの対応は、サロンやクリニックによってそれぞれ異なりますので、契約する前にきちんと確認しておくようにしましょう。

正しい事前処理の方法をマスターしよう!


失敗なく事前処理するためには、いくつかのポイントがあります。下記の3つを押さえておくことで、きれいに仕上げることができるので事前にマスターしておきましょう。

  • 長い毛はハサミでカットしてからシェービングする
  • 毛抜きはNG!電気シェーバーを使う
  • 事前処理のあとは、保湿などのアフターケアをする

長い毛は剃りにくいため、何度も刃をあてることで肌トラブルの原因となってしまいます。まずは剃りやすくするために、長い毛を眉バサミをつかってカットしていきましょう。残す毛の長さは1~2cm程度が目安です。

T字やI字カミソリは肌を傷つけてしまうことがあるので、ムダ毛の処理には「電気シェーバー」が一番安全とされています。きれいに処理したいからと「毛抜き」を使うのはNG。

毛根がなくなってしまうと施術の効果が得られなくなってしまうので、毛根を残せて肌にやさしい電気シェーバーを使用しながら、毛流れに沿うように処理していきましょう。

また、シェービングしたあとのお肌はとても敏感になっています。とくにVIOなどのデリケートゾーンはもともとお肌が弱いため、かゆみや赤みを起してしまう恐れもあります。

脱毛する肌にトラブルがあると施術ができなくなることもあるので、乳液やクリームを使ったアフターケアでしっかり肌を保湿してくださいね。

事前処理のベストタイミングは?

事前処理のタイミングは、施術する前日か当日に行うのがベスト。1~2mmなら毛が伸びていても、問題なく施術ができるとされています。

特に肌の弱い方は、肌荒れや赤みなどのトラブルを防ぐためにも、なるべく前日までに事前処理をしておくのがおすすめです。

お手入れ日の前日、または当日に、お客様ご自身で必ずムダ毛のシェービングをしていただくようお願いいたします。 剃り残しがあった場合は該当箇所をさける、または、お手入れをお断りさせていただきますので、あらかじめご了承ください。 引用元:ミュゼプラチナム

まとめ

脱毛前の事前処理が必要な理由についてご紹介しました。せっかく脱毛に行ったのに、シェービングが不十分だったために追加料金が取られたり「何もできずに帰ってきた!」ということにならないよう、事前処理はしっかりと行っておきたいものです。

シェービングの有無や剃り残しへのペナルティーなどの対応は、サロンやクリニックによって全く異なります。契約するときにはこれらの条件も含め、自分にぴったりのところを探してみてくださいね。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン