脱毛エンジェル > 初めてのひと必見!脱毛サロンに行くなら知っておきたいこと > 脱毛中の日焼けはダメな理由!どのくらいまでOK?日焼けしちゃった時の対応を解説

脱毛中の日焼けはダメな理由!どのくらいまでOK?日焼けしちゃった時の対応を解説

脱毛で日焼けした女性
脱毛サロンでは『脱毛中の日焼けはNG!』とされています。そうは言っても海や旅行やスキーには行きたいし、そもそも外出できないの?という疑問もありますよね。脱毛中の日焼けがダメなのはきちんとした理由があります。

今回は「なぜ日焼けがダメなのか?」「どのくらいまでの日焼けならOKなのか」など、脱毛中の日焼けの疑問について詳しく解説します。また、日焼けしてしまったときの対処法についても参考にしてみてくださいね。

脱毛中の日焼けがダメな理由は?

脱毛サロンで使われるレーザーは「黒い色」に反応しながら照射していく仕組みになっています。日焼けをしてしまうと肌が黒くなるため、レーザーをあてたときに「毛」以外にも反応してしまい、痛みや肌トラブルなどのリスクを高めてしまいます

  • 脱毛中により痛みを感じやすくなる
  • 肌トラブルが起きやすくなる
  • 脱毛効果が落ちてしまう

これらの3つのリスクが高まってしまうために、脱毛中の日焼けがNGとされています。ではそれぞれの理由について、詳しく見ていきましょう。

1.痛みを感じやすくなる

日焼けして黒くなった肌は、メラニン色素が沈着している状態。そのため、日焼けした黒い肌には必要以上にレーザーが反応してしまい、いつもなら少しの刺激で済むところを、強い痛みとなって感じてしまうのです。

また、日焼によって肌が熱をもつと皮膚の水分が蒸発しやすく「肌の乾燥」を引き起こしてしまいます。乾燥で敏感になっている肌に照射することで、さらに痛みが強くなってしまうと考えられています。

2.肌トラブルが起きやすくなる

日焼けした肌は「軽くやけどしている」状態なので、とってもデリケート。日焼けすると肌のバリア機能が低下してしまうことから、かゆみや赤みなどのトラブルが発生しやすくなっています。

また、日焼けで敏感になっている肌に熱を与えて照射することで、シミやそばかす・色素沈着などの肌トラブルにつながる恐れもあるので注意が必要です。

3.脱毛効果が落ちてしまう

ほとんどのサロンやクリニックでは、レーザーや光脱毛といった「光線」を使って施術しています。日焼けすると、黒い毛だけではなく黒くなった肌のメラニン色素にも反応してしまうことで、照射の光線が分散されてしまうのです。

その結果、毛穴に当たる光線が弱まってしまい、黒い毛にピンポイントで働きかけることができなくなるため脱毛効果が落ちてしまうとされています。

どれくらいの日焼けならOKなの?

脱毛がOK
「少しの日焼けでもダメ?」「どれくらいの日焼けならOK?」というポイントはかなり気になりますよね。もともとの肌の色にも個人差があるので、どの程度の日焼けがダメなのかを自分で判断するのは難しいものです。

一般的なサロンやクリニックでは、以下のような状態だと施術がNGとされています。

  • 照射の2週間前後で、UVケアせず日焼けをしたら施術NG
  • ほんのり日焼けした場合は1ヵ月間は施術NG
  • しっかり日焼けしたら3ヵ月間は施術NG

少しの日焼けなのか、しっかりとした日焼けなのか?という判断が難しいですが、いつもの肌の色より少し濃くなっている状態なら、施術を断られてしまうことがあります。日焼けした部分としてない部分の色の変化が少ない「ほんのり日焼け」も、1ヵ月ほど施術ができなくなるので注意したいですね。

皮が剥けたり、日焼けのあとがくっきりと出てしまうほどの「しっかり日焼け」なら3ヵ月も施術ができなくなることがあるので、強い日焼けには特に注意しましょう。海やプール、スキーやスノボなどによる日焼けはもちろん、日常レベルの日焼けを防ぐためにも普段からしっかりUVケアしてあげたいものです。

仮に日焼けしてしまって自分ではなかなか判断できない!という場合には、施術前にサロンスタッフさんに肌を見せて相談してみることをおすすめします。

日焼けしてしまったらどう対処する?

脱毛後の日焼け用ローション
日常レベルの軽い日焼けなら、そのあとすぐに対処すれば日焼けした肌を素早くリカバリーすることができます。少しでも日焼けしてしまった!と感じたら、以下の3つの対処を試してみましょう。

日焼けした肌を冷やす

日焼けすると肌が赤くなり、ヒリヒリと熱を持ちますよね。このとき肌は「やけど」したときと同じような状態になっています。まずは、日焼けした部分をすぐに冷やしてあげることが最優先です。水をつけて軽く絞ったタオルや弱めの冷水シャワーをかけて、日焼けした部分をやさしく冷やしてあげましょう。

痛みや赤みがが強く「水ぶくれ」などができたときは、保冷剤や氷水を入れた袋をあててあげることも効果的。このとき、肌が冷えすぎるのを防ぐため、やわらかいタオルをのせてから氷で冷やしたり、肌にのせる時間を短くするなどして長時間冷やしすぎないよう注意しましょう。

肌をしっかり保湿ケアする

痛みや赤み・熱っぽさが引いてきたら、低刺激のクリームや肌にやさしいワセリンなどで肌をしっかりと保湿することも大切です。先にも述べたように、日焼けした肌は皮膚の水分が蒸発してしまうことで「乾燥」しやすくなっています。

きちんと保湿してあげることで、日焼けによる皮むけを防いだり、肌サイクルを整える効果も期待できます。日焼けした肌は敏感なので、クリームはなるべく保湿力が高くて刺激の少ない「肌にやさしいもの」を選ぶようにして下さいね。

ビタミン・タンパク質を積極的に摂る

外からのケアと同時に、体の中からケアすることもダメージ肌を回復させるには効果的です。メラニンの生成を抑える働きのあるビタミンCやビタミンB群、肌の代謝を高めるタンパク質や亜鉛などを含んだ食品を、積極的に摂取するように心がけましょう。

食事だけでは補いきれない場合は、ビタミンや・亜鉛に特化したサプリメントを利用してみても良いですね。食事を見直すことで肌がリカバリーする働きがさらに高まりますので、日焼けをしてしまったら、保湿ケアと合わせて食生活にも気を配ってみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。脱毛中の日焼けがダメな理由についてご紹介しました。日焼けすると脱毛が受けられなくなるだけではなく、ちょっとした日焼けでも脱毛の効果を低下させてしまいます。

日焼けがおさまるまでは脱毛ができないので「契約期間内に脱毛が完了できなかった!」「追加料金がかかってしまった!」ということにも繋がってしまいます。期間内に脱毛を完了させるためにも1年を通して紫外線対策を行い、普段から日焼けしないように心がけていきましょう。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン