脱毛エンジェル > 初めてのひと必見!医療レーザー脱毛クリニックに行くなら知っておきたいこと > 医療脱毛クリニックのメリット・デメリット

医療脱毛クリニックのメリット・デメリット

医療脱毛クリニックを考える女性

クリニックで行う医療脱毛(レーザー脱毛)に興味があるけれど、いまいちまだ良く理解していない…。そんな方に向けて、医療脱毛とはどんな脱毛方法なのか、メリットやデメリットはそれぞれどんなところなのか、脱毛初心者にもわかりやすいように、詳しく丁寧に解説していきます。

脱毛サロンと比べたときに、医療脱毛クリニックにはメリットもデメリットもあります。だからこそ、きちんと違いを把握して、あなたに合っているのは医療クリニックなのか脱毛サロンなのかを見極める必要があります。

医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違い

医療脱毛クリニックのメリット・デメリットを解説する前に、医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違いを説明する必要があります。

超カンタンに言うと、医療脱毛クリニックと脱毛サロンの違いは脱毛方法の違い。そして、使っているマシンが異なります。

医療クリニック 脱毛サロン
脱毛方法 医療用レーザー 光脱毛(フラッシュ脱毛)
マシン
  • ダイオードレーザー
  • アレキサンドライトレーザー

など

  • IPL(インテンスパルスライト)
  • S.S.C(スムース・スキン・コントロール)

など

効果 高い 低い
痛み 強い(ただし笑気麻酔可能) 弱い

医療脱毛クリニックのメリット

医療脱毛クリニックのメリットを考える女性

医療クリニックと脱毛サロンの違いが分かったところで、医療脱毛クリニックで脱毛する場合のメリットを紹介していきます。

脱毛効果が高い

上の表で紹介したように、医療脱毛クリニックは脱毛サロンと比べると、より脱毛効果が高いと言えます。

それもそのはず、医療機関で行うレーザー脱毛は、毛根にレーザーを当てて死滅させ毛を抜けさせる医療行為だから。一方、脱毛サロンは専門医師でなくてもマシンを扱えるように、照射レベルを下げたマシンを使っています。

脱毛サロンで行えるのは厳密にいうと脱毛ではなく「減毛」であり、サロンでは永久脱毛はできません。

よって、永久脱毛を目指したいならば、効果の高い医療脱毛クリニックを選ぶべきです。

脱毛完了までが早い

脱毛効果が高い分、脱毛完了までの回数・期間ともに早いのも医療脱毛クリニックで脱毛する大きなメリットです。

個人差はありますが、下記が全身脱毛完了までの目安です。

  • サロンの場合、回数は12~18回程度(期間は2~3年
  • クリニックの場合、回数は6~10回程度(期間は1~2年

比べてみると、脱毛サロンで脱毛する場合は、クリニックの2倍もかかることがあります。

よって「結婚式までにキレイに脱毛したい」「次の夏までに脱毛完了させたい」など明確な期日を持っている場合や、少しでも早く脱毛を終わらせたい方には、医療クリニックがオススメということになります。

医師免許を持ったスタッフが施術してくれる

医療レーザー脱毛は、施術してくれるスタッフ全員が医師免許を持っているお医者さんであり、安心して治療を受けることができます。

また、もともとは美容外科や皮膚科であるクリニックなので、万が一肌トラブルがあった際にも、専門医がその場で対応に当たってくれるというのも心強いですよね。

医療脱毛クリニックのデメリット

医療脱毛クリニックのデメリットをしる女

今度は、医療脱毛クリニックのデメリットについても解説しておきます。
良いところだけチェックして、分かった気になってはいけません。自分の体に関わることなので、しっかりと悪い部分も把握したうえで、脱毛するようにしましょうね。

金額が脱毛サロンより高め

医療脱毛はサロンでの脱毛よりも効果が高い分、サロンよりも少し料金が高めです。

とはいっても、部分脱毛の場合はそれほど価格が変わらないこともあります。例えばワキ脱毛の場合、キャンペーンをうまく活用すれば、サロンだとワンコイン以下、クリニックでも安いところでは数千円で済む場合が少なくありません。

しかし全身脱毛の場合は、比較するとやはり医療脱毛の料金は高めになります。脱毛サロン(12回)の場合、20~30万円程度のところ、医療脱毛クリニック(6回)では35~45万円程度が相場です。

とはいえ、脱毛サロンでは全身脱毛するのに2~3年の期間をかけて12回以上通わなければところを、医療脱毛クリニックならその半分の6回程度で脱欧が完了すること、期間も1~2年で済むことを考えると、金額は多少高くてもコストパフォーマンスで比べると変わらないと言えるかもしれませんね。

痛みを感じやすい

脱毛サロンよりも照射レベルが高いレーザーを使用するため、医療クリニックは痛みを強く感じやすいと言われています。

もちろん個人差もあり、痛みを感じにくい部位もあるのですが、例えばデリケートゾーンのIライン(性器の両側)などは痛みが強く出やすいと言われています。

痛みが不安な方は、痛みが少ないと言われる脱毛サロンに通うのも手です。しかし医療クリニックには、最後の手段として笑気麻酔を使うという選択肢もあります。

笑気麻酔は1回あたり3,000円程度でプラスすることができる、鼻から吸うタイプの麻酔です。どうしても痛みを抑えられないときは麻酔を使うこともできることを覚えておいてくださいね。

クリニック数が少なめ

医療脱毛をしているクリニックはあくまで医療機関であり、クリニック数は少なめです。

東京や大阪、名古屋など主要都市にはクリニックはたくさんありますが、地方在住の人は通いたくても通える美容外科が無い場合もあります。

脱毛サロンは全国に何百店舗も展開していて、店舗移動ができる場合も多いのですが、クリニックの場合はそもそも全国にクリニックがある院が少なく(湘南美容外科やリゼクリニックなど)、引っ越しなどで通えなくなった場合に店舗移動がしにくいというメリットがあります。

まとめ

医療脱毛クリニックのメリットとデメリットを解説しました。良い点も悪い点もあり、「クリニックの方が良い」「サロンの方が良い」と一概に言えないということが分かっていただけたでしょうか。

メリット・デメリットそれぞれをまとめたうえで、医療クリニックで脱毛すべき人は、

  • 早く脱毛完了させたい人
  • 永久脱毛したい人
  • 多少金銭的に余裕がある人
  • 痛みにある程度我慢ができそうな人

ということになるでしょうか。

効果が高いのは医療脱毛の方なので、金銭的に余裕があり、近くにクリニックがある方は、ぜひ医療脱毛を検討してみてはいかがでしょうか。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン