脱毛エンジェル > 初めてのひと必見!医療レーザー脱毛クリニックに行くなら知っておきたいこと > 医療脱毛の麻酔を使えば痛みは減ります!効果と費用を徹底解説

医療脱毛の麻酔を使えば痛みは減ります!効果と費用を徹底解説

医療脱毛クリニックのスタッフさん

「効果が高い医療クリニックで脱毛したいけど、痛みがネック」「麻酔してもらえると聞いたけど、効果はどうなんだろう?」

医療脱毛時の麻酔について、不安を抱えている方は多いのではないでしょうか。この記事では、医療脱毛の麻酔について、効果や費用の目安などを解説していきます。

医療脱毛時の痛みは、麻酔によって抑えられる

個人差はありますが、脱毛サロンの光脱毛と比べて、医療脱毛時に感じる痛みは強いと言われています。

脱毛サロンがただの減毛であるのに対して、医療脱毛はしっかりと毛根を破壊して永久脱毛できる効果があるので、どうしても痛みは少し強くなってしまうのです。

しかし、そこで医療脱毛の痛みを抑えるために役に立つのが「麻酔」です。麻酔は体に害があるものではないので、痛い場合や不安な場合は我慢せずに積極的に使っていきましょう。

麻酔を使わない人は少数派?

脱毛の情報を聞いてびっくりする女性

ビューティースキンクリニックのWebサイトによると、実際にクリニックの脱毛で麻酔を使う人は少数派だそうです。

実際には、クリニックでレーザー脱毛するときに麻酔を希望する人はそれほど多くありません。

その理由の一つは、脱毛技術の面から痛みを軽減する工夫がされているからです。冷却装置がついているレーザー脱毛機器(ジェントルマックスプロ)を使い、皮膚を冷やしながら照射することで痛みを和らげたり、皮膚を吸引しながらレーザーを照射する脱毛機器(ライトシェア・デュエット)を使って痛みを感じにくくしたりしています。ほかにも、レーザーを照射するときの当て方や角度を工夫して、痛みを軽減する努力をしています。

そのため多くの人は、耐えられないほどの痛みではないという感想を持ちますが、もちろん、痛いのを無理やり我慢することはありません。どうしても我慢できないという人のために麻酔という選択肢が用意されています。

しかしそう言われても、「クリニックでの脱毛は初めてだから不安で泣きそう」「痛いのが嫌いだから我慢したくない」という方もいるでしょう。

痛いのを我慢することはナンセンスです。不安な方は我慢せず、自分のために積極的に麻酔を使っていきましょう。専門的な知識を持ったクリニックなので、安心して医師や看護婦に身を委ねることができます。

代表的な麻酔の種類の効果・価格

医療脱毛で使われることの麻酔は、次の4タイプです。

  • 笑気麻酔(窒素ガス)
  • 麻酔クリーム(皮膚麻酔)
  • 麻酔テープ・麻酔シール
  • 静脈鎮静法(※男性脱毛の場合)

特に多いのは笑気麻酔と麻酔クリームです。医療クリニックごとに使える麻酔が限られている場合があるので、痛みが不安な方は事前にチェックしてみましょう。

それぞれについて、その効果や価格を解説していきます。

笑気麻酔(窒素ガス)の効果と価格

歯医者さんでも使われている一般的な麻酔で、医療クリニックでもこの麻酔を採用しているところがほとんどです。

亜酸化窒素と酸素によって構成されているガスを特殊な機械で鼻から吸入します。吸入すると数分で全身にまわり、ポワンと心地よくお酒を飲んだような状態になります。リラックスして不安感をなくし、痛みを感じにくくなるのが特徴です。

眠気を感じるので、寝ている間に脱毛が完了していたという声もあります。1回で全身に効果があるので、全身脱毛する際に使う方が多いようです。

歯医者さんで子どもに使う麻酔なので体に対する害は一切ありません。ただし妊娠の疑いがある場合は使えないので、その場合は麻酔クリームを検討してみましょう。

価格はクリニックによって異なりますが、1回1,000~3,000円程度のところが多いようです。

麻酔クリーム(皮膚麻酔)の効果と価格

照射範囲に塗布して使うタイプの麻酔です。塗った場所は皮膚の感覚が鈍り、痛みを感じにくくなります。効果が出てくるまでに30分ほど時間がかかるため、施術前に塗る必要があります。できるだけ予約する時にクリニックに伝えるようにしましょう。

麻酔クリームは笑気麻酔よりも効果が高いので、痛みに不安な場合はこちらを選ぶと良いでしょう。ただし、主成分(リドカイン)のアレルギーを持っている方は別の麻酔を使う必要があります。

注意点として、リドカインは過剰に使うと中毒の心配があるため、一度に使える量が決められています。全身脱毛の場合も全身に塗ることはできず、特に痛みの強い場所に塗って使います。痛みが強く出やすいVIOだけに使うという方が多いようです。

アリシアクリニックやリゼクリニックなどが麻酔クリームを採用しています。価格は医療機関により異なりますが、1部位につき1,000円~5,000円程度が一般的です。

麻酔テープ・麻酔シールの効果と価格

薬剤がついたテープ(シール)を、施術を受ける患部に貼り付けるタイプの麻酔です。主成分は麻酔クリームと同じリドカインですが、皮膚につく薬剤の量が少ないため、麻酔クリームよりも効果は弱めです。

こちらも効果が出てくるまでに時間がかかるので、レーザー照射前に貼っておく必要があります。麻酔テープ(シール)を使うと肌表面が麻痺した感覚になり、痛みを感じにくくなります。ただし、痛みが完全になくなるわけではなく、軽減されるというイメージが正解です。

価格は、1回1,000円~3,000円程度です。

静脈鎮静法の効果と価格

一般的に「麻酔」と聞いたときに思い浮かべるような、点滴タイプの麻酔です。全身麻酔の一種で静脈に鎮痛薬を点滴し、寝ている間に脱毛を終えることができます。しかし実際には静脈麻酔を女性向けの医療脱毛に使うことはまずありません。女性の脱毛ではそこまでの鎮静効果は必要ないからです。

男性向けのクリニックでは静脈麻酔を採用しているクリニックもあります。というのも、ヒゲ脱毛は女性の脱毛と比べてかなり痛みの度合いが強いからです。

静脈麻酔は手術時にも使う麻酔なので、ほかの麻酔よりも確実に高い鎮痛効果を得られます。その分、施術後に自動車の運転が禁止されるなど日常生活に影響が出る麻酔方法です。

静脈麻酔の価格は、1回1万円~数万円ほどです。(※ただし女性向けの脱毛では静脈麻酔はほとんど使われません。)

まとめ

医療脱毛で使える代表的な麻酔の種類とその効果・価格を紹介してきました。

今では医療脱毛も日々進化し、痛みの弱い脱毛マシンが主流になりつつあります。実際に「我慢できないほどではなかった」という方も多くいます。それでも、どうしても痛みが不安という方もいるはずです。痛みがあるならば、それを我慢する必要はありません。

医療機関でない脱毛サロンでは麻酔は使えないので、麻酔を使えるのが医療脱毛のメリットでもあります。医療機関のメリットを最大限に活用し、積極的に麻酔を使っていきましょう。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン