脱毛エンジェル > こんなときどうする?脱毛サロンの素朴な疑問 > 脱毛サロンで脱毛中の自己処理はどうする?NGの処理方法をチェック!

脱毛サロンで脱毛中の自己処理はどうする?NGの処理方法をチェック!

シェーバーで脱毛する女性
脱毛サロンに通っているときは、自己処理をしてはいけないと考える人も少なくないようですが、脱毛中でも自己処理はOKです。

ただ、自己処理の方法によっては脱毛の効果を下げるものや肌トラブルになるものもあるので注意が必要です。詳しく見ていきましょう。

脱毛中の毛抜きはNG

脱毛中の毛抜き

脱毛期間中は毛抜きを使っての自己処理をするのは控えるようにと言われます。その理由は脱毛時に使用するレーザーやフラッシュ(光)の特性が関係しています。

レーザーとフラッシュは、どちらも色素の濃いものに反応する特性があり、照射することで肌表面にポツポツとある黒い毛に反応します。

そこから毛根部分にまで熱が伝わって、結果として毛根部分にある毛を作る組織を破壊することができるんです。

しかし、毛抜きで毛を抜いてしまうと、黒い部分がなくなってしまうため、レーザーや光が反応しなくなってしまいます。

すると、毛根組織を破壊することはできませんので、脱毛の効果はなくなってしまうんですね。

なので、普段はピンセットや電動毛抜きで毛抜きをしている人も、脱毛中は毛抜きで自己処理をしないようにしましょう。

脱毛中の除毛クリームはNG

脱毛中の除毛クリーム

手軽にできる除毛クリームや脱毛テープでのお手入れはどうでしょうか。実はこちらもNGです。

除毛クリームは、肌表面の毛を溶かす強い薬剤を肌に塗ることで除毛を行いますから、肌への刺激が強すぎるんです。

肌へ与える負担は大きく、目に見えないレベルで肌荒れを起こしていることがほとんどです。

肌荒れが起きている状態で脱毛すると脱毛の効果が下がるばかりか、肌荒れがさらに悪化してしまい、赤く腫れ上がったり、皮膚の組織がボロボロになってしまうこともあります。

なので、脱毛中の除毛クリームの使用はNGだと心得ておきましょう。

カミソリはできれば控えた方がいい

カミソリで自己処理

ムダ毛の処理方法としては最も一般的なカミソリも、脱毛中はできれば控えた方がいいと言われています。

カミソリは目に見えないレベルで肌を削っているので、意外なほどに肌のダメージは大きいのです。

除毛クリームと同様に肌がダメージを受けた状態では脱毛の効果が下がりますし、肌荒れが悪化してしまうこともあります。

そもそも、脱毛の施術自体を断られることもあるので、よほどの理由がない限りは控えた方が無難です。

まとめ:脱毛中の除毛はシェーバーを使おう!

電動シェーバー
脱毛期間中のムダ毛の自己処理は毛抜き、除毛クリーム、カミソリは控えた方がいいとなれば、残るのは電気シェーバーによる除毛です。

この電気シェーバーこそが、脱毛サロンや皮膚科の医師などが推奨している脱毛中の自己処理の方法です。

電気シェーバーは、カミソリと違って肌にかける負担が一番少なくて済みます。

脱毛中は肌への負担が少ない方法での除毛がよいとされており、特に施術後の1~2週間はできるだけ刺激のない方法でムダ毛の処理をすることが大切です。

強い刺激が肌にあると、炎症が長引いたり、色素沈着したりするというリスクが増えますので、処置後すぐは肌に優しい方法でムダ毛処理をすることが求められます。

その点で、電気シェーバーは比較的肌への負担が軽い除毛方法ですから、脱毛後の肌でも安心して使うことができます。

電気シェーバーを使ったことがないという人は、「女性用電気シェーバーできれいに自己処理するコツ」で、電気シェーバーの使い方やきれいに脱毛するコツを書いているので参考にしてみてください。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン