脱毛エンジェル > こんなときどうする?脱毛サロンの素朴な疑問 > 脱毛サロンに通い中に妊娠したときはどうする?

脱毛サロンに通い中に妊娠したときはどうする?

妊娠中だけど脱毛しようと考えている妊婦

妊娠中の脱毛が断られてしまう2つの理由とは?

「妊娠中って言ったら、脱毛を断られた」-そんな話を聞くことはありませんか?妊娠中は大抵の脱毛エステや脱毛クリニックでは、脱毛を断られてしまいます。どうして妊娠中の脱毛は断られてしまうのでしょうか?

理由は、大きく2つあります。

1つは母体の安全のためです。妊娠中は体調が不安定で、朝から元気だったのに急に気分が悪くなったり、吐き気やめまいなどの体調が起きたりといったことがしばしばあります。それで、脱毛エステや脱毛クリニックでの施術中に急に気分が悪くなるということも十分に起こり得ます。

また、妊娠中は些細なことがストレスになってしまいがちです。そのため、通常なら全然気にならない脱毛を受ける時に感じるちょっとした刺激が、妊娠中は大きなストレスになって母体に悪影響を与えるということも考えられます。

もう1つの理由は、妊娠中は脱毛効果が半減してしまうからです。妊娠中はホルモンバランスが乱れていますので、ムダ毛が一時的に濃くなってしまい脱毛効果が思うように得られないこともしばしばあります。

また、妊娠中に脱毛をやっても、出産後に毛が再生してしまうということも少なくありません。

このような理由から、多くの脱毛エステや脱毛クリニックでは、妊娠中の脱毛はできないとなっているのです。

どうしたらいい?脱毛期間中に妊娠した場合

脱毛に通っている途中で妊娠してしまったという場合は、まずは通っている脱毛エステや脱毛クリニックに相談しましょう。

妊娠中に脱毛をしたからといって、胎児に直接悪影響を与えることはありませんが、母体への悪影響、また、脱毛効果が半減してしまうことを考えると、妊娠中の脱毛はNGです。

「あと残り1回だけだから」といった理由で、黙って脱毛を受けるというのは非常に危険です。

脱毛エステや脱毛クリニックでは大抵の場合、妊娠期間は脱毛を休止して、出産が終わってから再度通うことができるようにするシステムが用意されています。

妊娠の可能性が少しでもある場合には、できるだけ早い段階で相談するようにして、妊娠してしまったらまずは担当者や受付に伝えるようにしましょう。

シェアする

関連する記事