脱毛エンジェル > こんなときどうする?脱毛サロンの素朴な疑問 > ほくろや傷跡があって脱毛サロンに通える?

ほくろや傷跡があって脱毛サロンに通える?

ほくろを気にする笑顔の女性

ほくろや傷跡の部分には照射ができないって本当?

多くの女性が利用している脱毛エステや脱毛クリニックですが、最近ではカラダの一部だけでなく、全身の脱毛をする人が増えているようです。とはいっても、実は脱毛エステや脱毛クリニックでは脱毛ができない部分もあります。その1つがほくろや傷跡がある部分です。

どうしてほくろや傷跡があるとその部分の脱毛ができないのでしょうか?

それは脱毛エステや脱毛クリニックで使っている脱毛マシンに関係があります。

脱毛エステの脱毛マシンといえば、光脱毛器です。この光脱毛器の特徴は、照射された光がメラニンなどの色素の濃いものに反応して脱毛処理を行うという点です。

脱毛クリニックの場合は、医療レーザー脱毛器を使っての脱毛になりますが、脱毛のしくみは同じで、レーザーが色素の濃いものに反応して脱毛を行います。

色素の濃いものに反応する光脱毛器と医療レーザー脱毛器は、ほくろのような色素の濃いものに反応してしまいます。また、色素沈着を起こした傷跡も同じです。ですから、ほくろや傷跡には照射を行うことができないんです。

ちなみに、光脱毛では日焼けした肌にも施術を行うことができません。日焼けした肌に照射すると、照射された光やレーザーが黒くなった肌全体に反応してしまって、火傷の原因になってしまうからです。

ほくろや傷跡があっても脱毛はできる!

ということは、「ほくろや傷跡があると脱毛をしてもらえないのでは?」と心配になってしまうかもしれませんが、心配は無用です。ほくろや傷跡があっても、ほとんどの場合、脱毛を断られることはありません。

大抵の脱毛エステや脱毛クリニックでは、ほくろや傷跡がある部分に保護用のテープを貼って脱毛を行ってくれるからです。保護テープがあれば、光やレーザーがほくろや傷跡の部分に直接当たることはないので、火傷の心配もなく安全に脱毛をすることができるというわけです。

「でも、わたしの顔にはほくろが多いけど?」と心配な人もいるでしょう。でも、安心してください!テープを貼る箇所が増えるので、ちょっと準備に時間がかかるものの、大抵の脱毛エステや脱毛クリニックでは脱毛を受けることはできます。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン