脱毛エンジェル > 経験者が語る!正しい脱毛サロンの選び方 > 脱毛サロンのクーリングオフや解約時の返金は契約前に必ず確認

脱毛サロンのクーリングオフや解約時の返金は契約前に必ず確認

クーリングオフについて教える脱毛サロンのスタッフ

脱毛サロンはクーリングオフ対象外の場合がある

クーリングオフという言葉を聞いたことがないひとはいないと思いますが、改めて意味を確認すると、「クーリングオフとは、契約した後、頭を冷やして(Cooling Off)冷静に考え直す時間を消費者に与え、契約日から8日以内であれば無条件で契約を解除することができる特別な制度のこと。」です。

クーリングオフには対象となるサービスと対象外のサービスがありますが、脱毛サロンは特定商取引法で『特定継続的役務』という指定を受けているので、対象となります。

しかし、脱毛サロンであっても、対象とならない場合もあるので注意が必要です。

それは、「契約期間が1ヶ月以下、契約金額が総額5万円以下の契約」の場合です。脱毛サロンは最低でも1ヶ月以上通うのがふつうなので、契約期間は問題ないですが、プランによっては契約金額が5万円以下となることは、十分あり得ることです。

特に脇だけとか、ひざ下だけとかの部分脱毛だと、5万円もかからないことが多いので、クーリングオフの対象外となってしまいます。

5万円以下の契約でもクーリングオフは適用されることが多い

5万円以下の契約は「法的には」クーリングオフの対象外となりますが、実際のところは、5万円以下でも、クーリングオフを受け付けてくれる脱毛サロンもあります。

中には、法律通りに5万円以下の契約はクーリングオフは受け付けてくれないところもありますが、私の知る限りは、ほとんどの脱毛サロンでは5万円以下でもクーリングオフを受け付けてくれます。

とはいえ、これは脱毛サロンの考え方にもよって異なるので、5万円以下のプランの契約を結ぶ場合には、クーリングオフが適用されるかどうかは確認しておくといいと思います。

クーリングオフの期間以降は中途解約になる

クーリングオフの期間である契約日から8日以内を過ぎた場合、それ以降の解約はすべて中途解約の扱いとなります。

中途解約のルールについても法律で定められていて、脱毛サロンの場合は、下記のいずれかの低いほうが違約金として支払う上限となります。

  • 2万円
  • 契約残金の10%

例えば、10回コースで10万円のプランを契約して、1回だけ施術を行った場合には、残りは9回となり、契約残金は9万円になります。9万円の10%は9000円なので、2万円よりも少ない9000円が中途解約の違約金となります。

ただし、あくまで上限なので、サロンによっては、それよりも低い場合もありますし、解約金は必要ないという場合もあるので、このあたりは、契約時に確認しておくといいと思います。

脱毛サロンが倒産したときの返金について

人気の脱毛サロンであっても一つの会社である以上、倒産する可能性は常にあります。倒産した場合には返金してもらえる可能性は極めて低くなってしまうので、契約時にはできるだけ月払いや分割払いを選択することが大事です。

一括で支払ってしまうと、倒産したときにはそれを返金してもらうことができませんが、月払いであれば、最悪でも損するのはその月分に抑えることができます。

脱毛サロンが倒産して返金してもらえないときの対処法はこちらの記事を参考にしてください。

»脱毛サロンが倒産して返金してもらえないときの対処法

シェアする

関連する記事