脱毛エンジェル > 子供が脱毛サロンに通う前に知っておきたいこと > 子供が脱毛サロンで脱毛するメリット・デメリット  

子供が脱毛サロンで脱毛するメリット・デメリット  

メリット・デメリットを示す脱毛する予定の女の子

子供が脱毛サロンでメリット

  • ムダ毛が原因で学校でからかわれたりしなくなる
  • 毛深いことへのコンプレックスがなくなる
  • 自己処理の手間が省ける
  • 間違った自己処理で肌のトラブルが起こる危険を防ぐことができる

子供(小・中・高校生)が脱毛したいと考える理由の大半はムダ毛が原因で、学校でからかわれたり、いじめられたりしたという経験があることが大半です。一度でもそういう経験があると、それがコンプレックスとなり、プールや体育のときに周りの目が気になったり、学校に通うのが嫌になって不登校になるということが起こります。

親から見れば、周りよりちょっと毛深いなんて大したことではなくても、思春期の女の子にとっては非常に大きな問題です。親にも相談できずにいる子供も多く、一人で悩みを抱えてしまっているケースも多くあります。

しかし、脱毛サロンに通い、ムダ毛を目立たなくすることで、からかわれるようなことはなくなりますし、コンプレックスを解消することができます。自分に自信がもてるようになるという意味でも、子供にとっては、これが一番大きなメリットになるでしょう。

他には、間違った自己処理で肌のトラブルが起こる危険を防ぐことができるというのもメリットです。脱毛サロンに通うとなると、肌のトラブルが気になるかもしれませんが、間違った自己処理のほうがよっぽど肌には危険で、最悪の場合、かぶれたり、赤く腫れたりと、重大なトラブルを引き起こすこともあります。

子供でもOKの脱毛サロンであれば、肌のトラブルはほとんど起こりませんので、下手に自己処理するよりも断然、安全性が高いといえます。

子供が脱毛サロンでデメリット

  • 金銭的負担が大きい
  • 肌のトラブルが起こる危険性はゼロではない
  • 生理が不安定なときは脱毛できない
  • 日焼けをすると脱毛できない

子供に限らず、脱毛サロンで脱毛しようと思うと、部位にもよりますが、数千円〜数万円のお金が必要になります。自分で捻出できればいいですが、それができなければ、親が払うことになります。この金銭的負担の大きさがハードルになって、脱毛サロンに行けないひとも多いので、やはりここは一番のデメリットになります。

また、脱毛サロンの光脱毛であれば、肌のトラブルはほとんどないですが、それでも全くゼロというわけではありません。年齢や肌質、体調によっては肌のトラブルを引き起こすこともあるので、それには十分注意が必要です。

他には、生理が不安定なときは脱毛できない、日焼けをすると脱毛ができないというのもデメリットになります。これは子供に限らず、大人でも同じことがいえますが、子供の場合は生理が不安定なことも多いですし、学校の体育の授業などでどうしても、日焼けしてしまうこともあります。

そういうときは、脱毛サロンに行けなくなるので、脱毛の効果が少なくなってしまうかもしれません。

シェアする

関連する記事