脱毛エンジェル > はじめてのブラジリアンワックス > ブラジリアンワックスの痛みはどれくらい?我慢できる?

ブラジリアンワックスの痛みはどれくらい?我慢できる?

脱毛の痛みがどのくらいなのか不安な女性
自宅やサロンでブラジリアンワックス脱毛を検討中の方の中には、「どのくらい痛いんだろう」「痛みを我慢できるかな?」と不安な方も多いことでしょう。

この記事では、実際どのぐらいブラジリアンワックスは痛いのかを解説し、痛みをなるべく軽減させる方法も併せて紹介します。

ブラジリアンワックスは痛い?

ブラジリアンワックス脱毛は、天然由来のワックスを肌に塗り、それを剥がして毛も一緒に抜くと言う原始的な脱毛方法です。

その脱毛方法を聞けば誰でも「痛そう…」と思いますよね。

実際ブラジリアンワックスは無痛というわけにはいきません。生えている毛を抜くので、その時に痛みが伴うのは仕方のないことです。しかし、脱毛時に痛みが伴うのは、脱毛方法を選んでも同じです。

医療レーザー脱毛にしろ、脱毛サロンにしろ、脱毛には痛みが伴います。

自宅でセルフでワックス脱毛する場合には、少し練習が必要です。しかしコツを掴めば、サロンやクリニックに通うよりもリーズナブルで、誰にも見られずに、好きな時間に脱毛できます。

痛みをなるべく抑えて効果的に脱毛するコツについては、あとで詳しく紹介します。

ブラジリアンワックスを使用した実際の声

実際にブラジリアンワックスを使用して脱毛した方の声をいくつか集めてみました。

やり方によって痛みが変わる(水性ソフトワックス「アンジェリカ」を使用)

VIOの脱毛をしたくてハードタイプのワックスを買ったんですがうまくいかず痛い目にあいました。これは結構綺麗に抜けると思います!説明書も丁寧でとても良かった。
コツは一息にいくことですね。躊躇してると逆に痛い笑
最初は結構痛いですが2回目からは毛が抜けやすくなるのでパパッとできます。
引用:@コスメ

痛いけど確実に抜けます(油性ハードワックス「SURGI」を使用)

めちゃくちゃ痛いし途中でちぎれたりして自分にはとても使いづらかったです。ただ、毛は確実に抜けます。
引用:アマゾン

使用するブラジリアンワックスの種類や使う部位にもよりますが、「思ったより痛くなかった」という声から「激痛で無理だった」という声まで、多種多様な口コミが見られました。

次のようなさまざまな理由により、ブラジリアンワックスの痛みの感じ方は結構バラバラになってしまうのです。

  • ソフトワックスかハードワックスかによって痛みが違う
  • 商品によっても痛みが違う
  • 使う部位によって痛みが違う
  • 人によって痛みの感じ方が違う
  • 使い方によって痛みが違う

つまり、できるだけ痛みが少ないワックス(ハードよりもソフトタイプ)を選び、痛みが出ないような正しい使い方で脱毛することで、痛みを最低限に軽減させることができます。

サロンなどのスタッフが脱毛してくれるわけではないので、何度か練習して、なるべく痛みを抑えて脱毛できるようにコツを覚えましょう。

痛みが少ないワックスを選ぶ

脱毛してツルツルになった女性の肌

油性ハードワックスよりも水性ソフトワックス

油性ハードワックスは、粘着力が高くしっかり固まるので、ソフトワックスよりも効果が高いと言われています。しかしその分、痛みも強く出ます。

特にデリケートゾーンなどは皮膚が薄く弱いので、そこに油性ワックスを使うと激しい痛みを伴うこともあります

痛みが不安という方は、まずは水性ソフトワックスを使うようにしましょう。

水性ソフトワックスの中でも「思ったより痛くなかった」と評判なのが、「アンジェリカワックス」や「ブラビアンカシュガーワックス」です。どちらも天然由来の安心素材を使っており、顧客満足度の高いブラジリアンワックスです。

肌にも優しくて使いやすいので、初心者の方にオススメです。

正しい使い方をマスターすれば、痛みを最小限に抑えられる

脱毛のコツをつかんで嬉しそうにOKサインする女性
間違った方法でワックスを扱うと、その分痛みが強く出てしまうことがあります。次のポイントに気を付けて、正しい方法で脱毛しましょう。

剥がすとき、勢い&向きに注意する

「痛そう」という先入観から、剥がすときにゆっくりめくる人も多いようです。しかしそれは逆効果です。怖がらずに一気に勢いよく剥がした方が、痛みも少ないし効果も高いのです。

「ピリピリ…」ではなく「パンッ!」という音がするイメージです。

剥がす向きにも注意します。脱毛シートは、肌に滑らせるような方向に、平行に剥がします。上(垂直方向)に引っ張るのではなく、手前に引っ張るイメージです。毛の生えている方向と逆に引っ張るとより効果的です。

勢いと向きに注意すれば、変な風に毛穴に負荷がかかることもないので、痛みを最小限に抑えられます。

剥がすとき、皮膚を引っ張らないようにする

脱毛シートを剥がす際、皮膚を抑えずに引っ張ると、毛と一緒に皮膚も引っ張られてしまいます。

皮膚が引っ張られてしまうと、毛が抜ける痛みではなく、皮膚が引っ張られる痛みが発生します。

剥がすときには皮膚が一緒に引っ張られないよう、空いている片手でしっかりと皮膚をおさえて、一気に剥がしましょう。

毛が長すぎると痛みの原因になる

毛を絡ませて脱毛するワックス脱毛は、ある程度毛を伸ばした状態でしか脱毛できません。

しかしあまり毛が長いと、毛が絡んでしまいます。その結果、脱毛と関係ない毛まで引っ張られて、むやみに痛いという状態になってしまうのです。

また塗るときにも毛が絡んで地味に痛いことがあります。毛が長すぎる場合は、あらかじめ少しハサミでカットしてから脱毛するようにしましょう。

毛の長さの目安は、親指の第一関節ぐらいが理想的です。短すぎると今度はうまく毛をキャッチできず、効果が出ないことがあるので、最低限1cm程度までは伸ばしましょう。

まとめ

ブラジリアンワックス脱毛が初めての方は、痛みが不安という方もいるでしょう。ワックス脱毛は毛を引き剥がす方法なので、痛みがゼロというわけにはいきません。しかし脱毛時に痛みが伴うのは、ワックス脱毛だけではなく光脱毛やレーザー脱毛も同じです。

即効性があり脱毛後にすぐツルツルになること、自宅で誰にも見られずに脱毛できること、そして産毛もしっかり脱毛できることが、ブラジリアンワックス脱毛のメリットです。

なるべく痛みを軽減させる正しい方法を身に付けて、ツルツルピカピカな素肌を手に入れましょう。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン