脱毛エンジェル > はじめてのブラジリアンワックス > 知られていない真実!ブラジリアンワックスのメリットデメリット

知られていない真実!ブラジリアンワックスのメリットデメリット

脱毛のメリットとデメリットを考える女性

手軽に自宅でセルフ脱毛できるブラジリアンワックスが人気です。しかし脱毛する前にそのメリットとデメリットを知っておくことは大事なことです。

この記事では、ブラジリアンワックスを使った脱毛の優れているメリットと、逆に気を付けなければならないデメリットを、それぞれ解説していきます。

ブラジリアンワックスのメリット

まずは、ブラジリアンワックスのメリットを紹介していきます。

1.ワックスとシートだけあれば自宅で簡単に脱毛できる

ブラジリアンワックスの最大のメリットと言えば、やはり自宅で簡単にセルフケアができる点ではないでしょうか。

ブラジリアンワックスは自宅でできるムダ毛ケアの中で、一番効果が高い脱毛方法のひとつです。カミソリや電気シェーバーは短く毛をカットするだけですが、ワックス脱毛なら毛を根本から抜き去るので仕上がりもキレイです。

家庭用脱毛器はサロンのように脱毛できるマシンですが、何度も続けることで効果が出るので即効性はありません。

しかしブラジリアンワックスはすぐに毛が抜けるので、キレイな肌を見せたいタイミングに合わせて脱毛できます

2.光・レーザーではできない粘膜まで脱毛できる

脱毛のメリットを笑顔で語る女性

サロンやクリニックでは施術してくれない箇所まで脱毛できるのも、とても大きなメリットです。

フラッシュ脱毛やレーザー脱毛は、熱を利用して脱毛する方式です。だから、粘膜など火傷のリスクがある箇所は施術してくれません。しかし、ブラジリアンワックスなら粘膜まで脱毛できます。

ハチミツや砂糖など天然由来の原料を使っているから、粘膜部分に塗っても害がありません。鼻の中や、耳の中、Iラインの粘膜部分もブラジリアンワックスで脱毛できます。

3.自然な脱毛方法である

とてもオーガニックな脱毛方法であると言えるのが、ブラジリアンワックス脱毛です。実はこの脱毛方法は、クレオパトラも行っていたと言われています。実に2万年ほど前からあった脱毛手法なんですね。

ハチミツや砂糖などを原料にした現在のワックスとほぼ同じ素材を使って、脱毛していたと言われています。

特別な機械を用いずに、ワックスと脱毛シートという簡単なキットで脱毛できるブラジリアンワックスは、古来から行われている自然な脱毛方法だと言うことができます。

4.効果が2~3週間続き、失敗しても元に戻せる

ブラジリアンワックスは一時的な脱毛です。もし失敗したとしても、待っていればまた毛が生えてきます。

だからアンダーヘアや「もみあげ」などをもし脱毛しすぎてしまったとしても、元の形に戻すことができます。医療レーザー脱毛や光脱毛は、一度脱毛完了してしまったら、残念ながらもとに戻すことができません。

5.日焼け肌でも黒ずみがあっても脱毛できる

メラニンに反応する脱毛方法のレーザー脱毛や光脱毛は、日焼けした肌や色素沈着した肌などは脱毛できません。やけどのリスクが高いため、脱毛を断られてしまう場合があります。

しかしブラジリアンワックスは単純に毛を抜くだけなので、どんな肌でも脱毛できます

ブラジリアンワックスのデメリット

良いところだけではなく、注意しなければならない点もしっかり知っておきましょう。

1.脱毛時に痛みを伴う

脱毛のデメリットにショックを受ける女性

ブラジリアンワックスのデメリットとして誰しもが思い浮かべるのが「痛み」ではないでしょうか。ワックスを毛に絡ませて一気に剥がす脱毛方法なので、毛を抜くときに痛みを感じるのは仕方がないことかもしれませんね。

特に皮膚が弱いデリケートゾーンは、痛みの度合いが大きく出ることが多いのです。痛みの感じ方には個人差がありますし、ワックス脱毛を続けていけばいくほど、痛みが減っていくという声もあります。

痛みについては、「ブラジリアンワックスの痛みはどれくらい?我慢できる?」の記事もぜひ参考にしてください。

個人差があるのでやってみないとわからない部分ではありますが、痛みはゼロではないことを知っておきましょう。

2.埋もれ毛になってしまう可能性がある

毛抜きでも同じですが、ブラジリアンワックス脱毛を続けると、毛穴の中に毛が埋もれる「埋もれ毛」ができてしまうことがあります

これは生えている毛を無理やり引っ張ることで、毛穴が急いで皮膚を修復しようとした結果できてしまうものです。

毛穴に毛が残ったまま蓋がされた状態になり、黒いボツボツになってしまいます。

これを防ぐためには、ワックス脱毛したあとにはしっかりと保湿して肌を労わり、スクラブなどでマッサージして埋もれ毛を作らせないことが大切です。

3.永久脱毛ではないので、処理し続けなければならない

サロン脱毛やクリニック脱毛は、毛根にダメージを与えたり、バルジ領域という「毛の司令塔」に働きかけたりして、毛そのものが生えてこないように働きかけます。そのため、続けることで毛が生えなくなります。

しかしブラジリアンワックスは、一時的に毛は抜けますが、一本一本を無理やり抜いているだけなので、抜いても抜いてもあとからどんどん生えてきてしまいます。ずっと綺麗に保ちたければ、定期的に処理し続けなければなりません

デメリットとして紹介しましたが、見方によってはメリットにもなります。アンダーヘアを永久脱毛してしまうと、あとで生やそうと思ってもできません。後悔しても元に戻せないのです。

しかし一時的な脱毛方法であるワックス脱毛なら、抜きたい時に抜いて、伸ばしたくなったら伸ばすことができるのです。

4.無理やり引き剥がすので、肌への負担が大きい

デメリットの最後に、肌への負担が大きい脱毛方法であるということを挙げます。ブラジリアンワックスは毛抜きと同じように、生えている毛を無理やり引き剥がす脱毛方法なので、かなり肌に大きな負担を与えます。

かゆみや炎症を起こす場合もありますし、赤みなどの肌トラブルのきっかけになることもあるかもしれません。

また専用サロンでなく素人が自分で行う場合、間違った方法などを続けると、さらに肌への負担が大きくなることもあります。

必ずワックスの使用方法を良く読み、正しい脱毛方法で脱毛するようにしましょう。

まとめ

ブラジリアンワックスで脱毛する場合のメリットとデメリットをそれぞれ解説してきました。

どんな脱毛方法にもメリットとデメリットがあります。大切なのは両方を理解したうえで、自分で納得して脱毛方法を決めることです。

そしてブラジリアンワックスでセルフ脱毛する場合は、必ず商品の注意事項などを読んで、正しい脱毛方法で脱毛しましょう。

シェアする

関連する記事

口コミ1位の脱毛サロン